あいたいAAB

藤盛 由果

魚さばき、前向きに

魚をさばいたこと、ないなぁ……。テレビで、一から魚をさばいて寿司(すし)を握るシーンを見て、ふと思いました。それなりに料理は作れる(つもりでいる)のですが、私の料理のレパートリーに、魚料理はほとんどありません。魚を触るのが苦手というわけではありません。釣りは何度か経験済みで、むずっとつかめます。もちろん、食べるのも大好きです。ただ、自分でも驚くほど不器用なんです。おにぎりも三角形になりません。そんな私が魚をさばくなんてケガするだけ……と思っていましたが、思い立ったが吉日。旬のアジの三枚おろしに初挑戦しました。

結果は写真の通り。思った以上にうまく三枚におろせました!なんでもチャレンジしてみるものですね。次はどんな魚をさばこうか、どんな料理にしようか、意欲が湧いてきました。なによりも、今まで苦手、出来ないと思っていたことも、今なら出来るんじゃないかと思えるように。まさか、三枚おろしで前向きになれるとは。

ちなみに、この日のアジは、「なめろう」になりました。身がボロボロになってもおいしく食べられるよう、ショウガや大葉を買っていたんです。これだけきれいにさばけたら、刺し身でも良かったなと少し後悔。でも、もう自分で食べたい時にさばけますからね。旬のうちにもう一度。

(朝日新聞秋田版 2020年06月20日掲載)

TOPへ戻る

error: Content is protected !!