あいたいAAB

高田 美樹

喜び 分かち合って

「憧れる選手」「誇らしい」「活躍できると信じています」角館高校の硬式野球部員が、埼玉西武ライオンズの寮に入る赤上優人投手のために色紙に書いて贈ったメッセージです。
 角館高校出身の赤上投手は、去年10月に行われたプロ野球ドラフト会議で育成1位で指名されました。12月には地元で入団報告。新人合同自主トレーニングに向けて母校で練習してきたそうです。
 一方、現役の野球部は去年の秋季東北地区高校野球秋田県大会で優勝しました。今年の大会でも優勝を狙う部員たちにとって、プロに入団する選手の練習を見ることは大きな刺激となったことでしょう。温かいエールが詰まった文章からは「先輩に負けずに頑張る」という意志も感じられました。
 新人合同自主トレーニングは10日から始まっています。最初は何でも初めてで緊張しますよね。ちなみに私の社会人としての初仕事は、2分間のラジオニュースでした。ドキドキした分、放送を終えた喜びが大きかったのを覚えています。ですが、それよりも自分の活躍を周りの人に喜んでもらえた方が何倍もうれしいんですよね。
 後輩や家族に地域の人。赤上投手の活躍を喜んでくれる人がいっぱいいるはずです。周りの人とたくさんの喜びを分かち合えるプロ生活になるようお祈りしています!

(朝日新聞秋田版 2021年01月16日掲載)

TOPへ戻る

error: Content is protected !!