あいたいAAB

ZEN

16年かけ大きな船に成長

今月はサタナビっ!放送開始16周年ということで視聴者のみなさんには普段より豪華なプレゼントを用意しつつも、ほとんどいつもどおりに番組をお送りしている。と、1年前と同じことを書いてみた。実際にそうなのだから仕方がない。

先日、私の印章店にいらしたお客さんからも「サタナビっ!好きで見てるけど、随分長くやってますね」などと言われ「ええ、16年になりますねえ」と答えながら「ホントだ、長いわ」と改めて思った。

短くて半年、長くても2、3年続くかなあと始めたのだ。局のスタッフはいい番組をつくろうとしていたからそんな風には思ってなかっただろうが、私にはそのような意気込みみたいなものはまるでなかった。何しろ、無名で毎週出演できてギャラが安い、というのが出演の条件だったからねえ。おかげで気安く引き受けちゃって、今に至る、というわけで。しかし、鳴り物入りで始めた番組が短命で終わったりする世界で、逆風の中を小さな帆かけ舟でこぎ出したはずだった「サタナビっ!」は、結果として新しい時間や場所を開拓し、新しい行動をも生み出す番組に成長したのではないかと思う。

今や船の排水量も積載量も大きくなってスタッフは大変そうだ。私の方は相変わらずだけれども。

(朝日新聞秋田版 2019年10月16日掲載)

TOPへ戻る

error: Content is protected !!