AABニュース

天気

秋田のニュース

秋田市保健所長「市中感染起きつつある」

2021年05月13日

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかりません。専門家は感染経路の分からない人が増えていることに危機感を強めています。
県内では先月2日から今月8日までの間に309人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。このうち7割を超える218人が秋田市の感染者です。先月と同じように飲食店でのクラスターが起きた去年11月分の市内の感染者15人の内訳をみてみると、感染経路が分からない人は1人だけでした。多くの人の感染経路が特定できていたため感染拡大への懸念は小さかったといいます。しかし先月以降秋田市で確認された感染者を週単位でみてみると次第に感染者が増えていて4週目から5週目にかけては感染経路の分からない感染者が2倍以上になっています。この状況に秋田市保健所の伊藤善信所長は「先月中旬ごろから異変を感じ始めた」と話します。伊藤所長は感染経路の分からない人が増えている現状に、「市中感染が起きつつある」と指摘します。今月に入っても感染者の数は高止まりしていて感染経路の分からない人が多い傾向に変わりはありません。保健所は感染症予防として大事なのは大声で話さないこと食事中などマスクをしていないときに話す必要がある場合は口元を覆ったり小さな声で話すよう呼びかけています。