AABニュース

天気

秋田のニュース

【夢球場】能代エース粘りの投球で準々決勝進出

2019年07月15日

1回に2点を先制した能代は6回、満塁のピンチを迎えます。対する能代工業のバッターは7番石上(いしがみ)。レフト前に運ばれ、1点差に詰め寄られます。なおも満塁で続くバッターは8番門脇(かどわき)。ここはエース山内(やまうち)が三振奪いピンチをしのぎます。7回、能代はランナー1、3塁のチャンスで2番工藤琉希也(くどう・るきや)。センターへの犠牲フライで大きな1点を追加します。その後も能代はエース山内(やまうち)の打たせて取る粘りのピッチングで能代工業に追加点を許さず。最後までリードを守り切り準々決勝進出です。