AABニュース

天気

秋田のニュース

県立体育館の建て替え 佐竹知事「可能な限り前倒ししたい」 秋田

2021年12月02日 19時03分

老朽化により検討されている県立体育館の建て替えについて秋田県の佐竹知事は「可能な限り前倒ししたい」とし来年度から整備に向けた調査を進める方針です。
秋田市の八橋運動公園内にある県立体育館は老朽化が進み築60年となる2028年をめどに建て替えが検討されています。さらにプロバスケのBリーグは2026年から新しい制度のもとで展開され試合会場となるアリーナについては席数など新たな基準が設けられます。そうしたことや様々な競技団体の意見を踏まえながら県は来年度から建設構想の策定に向けた調査に入る予定です。

佐竹知事:「ノーザンハピネッツから早期整備の要望が来ており可能な限り前倒ししたいと思っております。現在取り組んでいる基礎調査に向けた検討事項の抽出や課題整備などを急ぎできるだけ早期の設置を目指していきたいと考えています」

構想の策定に向けた調査は来年度中に結果をとりまとめるとしています。