AABニュース

天気

秋田のニュース

男衆勇ましく先陣争い 伝統の大平山三吉神社梵天祭

2020年01月17日

秋田市の太平山三吉神社で「梵天祭(ぼんでんまつり)」が行われました。1番に梵天(ぼんでん)を納めようと激しく先陣を争う伝統の祭りです。勇ましい男衆に密着しました。毎年1月17日は三吉梵天祭(ぼんでんまつり)。江戸時代から続く伝統行事で梵天(ぼんでん)と呼ばれるご神体を太平山三吉神社に奉納し、五穀豊穣や家内安全を祈ります。特に激しい争いが繰り広げられる村梵天は13本用意され太平山三吉神社を目指して、出発しました。道中で出会った男たち。各地区の名前が記された村札をぶつけあい激しくもみ合います。道中は追い抜き禁止。梵天が次々と合流し、時には酒やおにぎりで英気を養います。神社まで差し掛かれば、祭りはクライマックス。ここからは追い抜きありの一本勝負13の団体が我先に梵天を奉納しようと激しく競い合います。あふれんばかりの男衆たちがごった返すこの激しさ。この祭りが「けんか梵天」と呼ばれる理由です。梵天についているお守りには強い力が宿るとされ参拝者たちも必死に食らいつきます。今年は企業などの梵天も含め61団体71本の梵天が奉納されました。奉納された梵天は解体してお守りになったり結婚式で飾られたりします。太平山三吉神社によりますとおよそ@人が訪れたということです。