夢球場第101回全国高等学校野球選手権秋田大会

甲子園(1回戦)「秋田中央×立命館宇治(京都)」試合結果はコチラ

決勝ハイライト動画

7月21日(日)/決勝

こまちスタジアム

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
明桜 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 4
秋田中央 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 1x 5
1 2 3 4 5 6 7 8 9
明桜 0 0 0 0 0 0 0 4 0
秋田中央 0 0 0 0 0 2 2 0 0
10 11
0 0 4
0 1x 5
延長11回 試合終了

【明桜】工藤泰成→長尾 光→佐々木湧生→工藤泰成―加藤洋平
【秋田中央】松平涼平→熊谷郁哉→信太覇月―野呂田 漸
【三塁打】土居涼太(明桜) 河野泰治(秋田中央)
【二塁打】大上和真・平尾蒼凱(明桜) 齋藤 光(秋田中央)

秋田中央の先発は、今大会全て試合で先発したエース松平。序盤若干球が浮き気味だったものの、スライダーと直球を見事に配球し明桜打線を封じていく。
一方、明桜の先発はここまで2試合で先発してきた背番号10の工藤。ストライクゾーンからボールに逃げていくスライダーを巧みに使い、中央打線に的を絞らせない。
前半スコアボードには両チームとも0が並ぶ。6回ウラ、秋田中央は二死二塁一塁の場面で、前の試合満塁ホームランを放った1年生捕手の5番野呂田がライト前に運び待望の先制点、ついに均衡が破れる。続く6番当たっている齊藤椋平も三遊間を抜くタイムリー、中央が2点リードする。
秋田中央は、続く7回にも二死三塁二塁から4番齋藤光がセンター前に2点タイムリーを放ち、0対4とリードを広げる。
中央のエース松平の前にチャンスは作るもののあと1本が出なかった明桜は8回表、二死から3番4番5番クリーンナップの三連打で1点返すと、6番打者のショートゴロをさばいた遊撃手の送球が逸れ満塁となる。ここで、明桜は代打に背番号3の土居を送る。土居の打球は、前進守備の中堅手の頭上を越えフェンスに到達する三塁打。走者一掃3人が還り、4対4の同点に追いつく。
その後両チーム、チャンスを作るもののモノにできず、試合は延長戦に突入する。明桜は10回11回と満塁のチャンスを作るも、あと1本が出ない。
11回ウラ、秋田中央はこの回先頭の1番新堀がセンター前で出塁すると、バントで送る。二死後打席には4番齋藤光。齋藤の打球は、センター後方への大きな当たり、これに明桜の中堅手後ろ向きにジャンプしボールをグラブに当てるも捕球は出来ない、これで二塁ランナーが還りサヨナラ。秋田中央が明桜を延長戦で下し、45年ぶりの甲子園出場を決めた。令和最初の王者に輝いた中央、校名が秋田市立から中央に変わってからは初の甲子園出場となる。