スタッフ制作後記

怒涛の奥羽山脈紀行(桜庭みさお)
2003年7月4日

改めまして、『ぷあぷあ金星』3周年おめでとうございます!!ぷぁ金を、よく見ている方です。
この度、スペシャルと言う事で、お招き頂きまして、大変、嬉しく思っておりました(うん?過去形?)いやいや、嬉しく思っております。
かれこれ、私も、参戦させて頂くのは、この3年間で、4度目となり、月1回番組ですので、割合としては、ぼちぼち準レギュラー?と、思っても宜しいんですかね?、、。もしくは、今回で打ち止め??

まっそれは、さておいて、今回の、「東西対抗顔出し看板バトル」いろんな意味で凄い!!
知力、体力、洞察力を必要とするこのバトル!!
もちろん、ONAIR通り、早朝、何も聞かされぬままに、集合場所に、着いた、私と大島さん(今となれば、ぼやきタツコと面いらずのなまはげ)。
説明を受けたにも、かかわらず、車中でようやく、顔出し看板の意味に気付く2人でございまして、まさか、その後の展開も予想出来る訳も無く、遠足気分。特に、いつも、ぷぁ金を見ている私は、車に乗ったと同時に、アルコール飲料を飲まなければいけないものと思っておりましたので、朝食まで済ませて挑み、体調も万全!!はかどりましたよーー、朝からホントに。大館駅に着く頃には、絶好調!!

その後の熊牧場も、ほろ酔い気分で、マタギ童子に大変身!
田沢湖着までの道中は、お腹も満たされたところで、お昼寝タイムzzzzz。
すっかり、酔いも覚め目覚めた時には、一面に広がる、真っ青な湖と深緑の山々。田沢湖に着いたは、良いけど、うーん??
探せど探せど、目的の『ブツ』が無く、どうやら、ドライバーの武田君が、場所を間違えたようで、、、。
そんな、ハプニングも有りつつ、顔出し看板、見つけましたよ!!やはりタツコ像だ!
あまりのシンプルさに、面白くないんじゃないかと、少々不安に思いきや・・・・・。

金粉も無く、泣く泣く、銀粉で代用。顔面に塗りたぐり、すっかり、ぼやきの似合う姿に。

見つけるんじゃなかった・・・・・。

「何?シンプル イズ ベスト かよ??」通りすがりの、観光客の反応で、おもわず、自分に突っ込みを入れてしまいました。シンプルすぎて、日本海チームに伝わるか、心配でしたが、さすが、vodafone!!
必要以上に、写ってました。結果的に、想像以上に波紋?を呼んだ、撮影となりました。

恐るべし、タツコ像!私を、一生お嫁に行かせないつもり、とみた。

実は、ここまでやってても、日本海チームから届くのを見て、負けた、、、。と、思い、ラストは、シャバさんに、賭けるしか無いと、なぜか、隅に追いやられていた、悲しいおばこ看板で、本領を発揮して頂きました。悲しさ加減は、充分、表現できたはずです。

以上が私の体験した、「奥羽山脈コース」の流れでしたが、皆様、如何だったでしょうか?私自身、ここに書ききれないほどに、楽しい時間を過ごす事ができ、今回のネタを肴に、しばらく、美味いお酒も飲めました。
秋田って、おもしろいところですね(本気と書いてマジッす)。
これからも、バリトンさん&シャバさん そして、スタッフの皆様方に、秋田再発見!して頂ける事を、期待しております。
あっ、又、時々、遊んで下さいね!