スタッフ制作後記

東京の青い空から・・・Vol.1(佐藤AK宣明)
2004年2月28日

お久しぶりでございます。ムシ捕り以来の更新、随分なまけてしまいました。深く反省しておりますm(_ _)m
さて、町の食堂を巡る情報番組、いかがでしたでしょうか?地図を見せて場所を説明できない(きんこ)オチがついて、ぷ的に終わることができて、安心している所です。
実は只今、私発起人は東京におります。久々の一人暮らしをしております。
すると、やはり気になるのは年齢と相まって食生活。血液がマントル対流の様にドロドロと流れている私は「栄養バランス」「手作り」という言葉に敏感になっています。そこで思い出すのがおふくろの味の食堂。そのままネタにしてしまいました。(番組のキャパが広がったかな?)ラーメン、寿司、イタメシ、フレンチ、中華etcを取り上げるグルメ番組を観飽きているせいか、新鮮ではなかったですか?!
「地元食材にこだわりたい」とか「市場で最高の食材・・・」とか「契約農家と直接・・・」とか言わず、威張らず、肩ひじ張らない、常連さんを始めとしたお客さんのために丁寧な仕事をされている食堂の人々・・・いいですねーッ!自分たちで時間の流れを作って、ニコニコ笑顔で仕事をしている・・・いいですねーッ!オーソドックスな暖かさを感じます。(もうホームシック・・・)
そもそも、「きんこ」は2年ちょっと前の「五里合海水浴」のときに出会った海の家はまなすのお母さん。当時から食堂をやっている情報はつかんでいたので、実はずっと寝かしてたネタだったんです。(ネタがネタを産んでいる!いい傾向だ)

話は変わって・・・
Dream Customさんから「クイックジャパンに番組紹介されてましたね」と教えて頂いて、Dと急いで本を買ったら、いやいや有難い。HPアドレスまで紹介してもらっていて、お蔭様でアッという間の+3000ヒットを頂戴しました。「水曜どうでしょう」様、ホント有難うございます!私は一生、北海道に足を向けて寝ません!!
4年目を前に少しずつ認知されてきた「ぷぁ金」。先日久々にスタッフ・出演者と飲み会をしました。(ふく田゛さんお世話になりました)そこで今後について色々意見交換しました。
(この話は来月に続く・・・)