過去の放送内容

すごろく DE 冷し中華(後編)
2008年7月11日

  • すごろくDE冷し中華、後編はバリトン伊藤のスイカからスタート。
  • シャバの4投目はビックリマス。
    引き当てたのは、カキ氷。
    秋田市土崎の開港堂でメロンミルク氷を味わう。
  • クライマックス直前のブレイク。
    『ひやし』と『ちうか』であいうえお作文。
    シャバは、夏の切なさを歌ったエモーショナルな一文。
  • バリトンは、温故知新の力作。
    あれからコギャルはどこへいったやら。
    見事『チョベリグ』をリバイバルさせた。
  • さらにバリトンの快進撃は続く。
    秋田市泉のラーメン亭かぜで頂いた『冷し中華』のあまりのおいしさに思わずDAIGOポーズ。
    この夏、チョベリグとともに流行らせたい。
  • シャバの5品目は、秋田市千秋久保田町の名店
    よくお世話になっている萬帝楼の冷し中華。
    特性の甘味噌が芳醇な風味をかもす。
  • 4・5・6であがるバリトンだったが、アホ面の3が止まえい、
    惜しくもゴールを逃す。
  • ビックリマスで再度さいころをふったバリトン
    今回3品目のデザート、秋田市の『のとや』のバニラソフト。
  • ここに来て、シャバに風が吹き始める。
    4・5・6で一気に逆転、勝利をその手にできるのだ。
  • しかし、希望も儚く、出た目は1。
    事実上バリトンの優勝が決まった瞬間。
    (練習では、2回投げて4と5だった。)
  • しかも、ビックリマスで出たのは『由利牛』探すのに1時間30分以上費やし、ようやく食べることに。
    今日一日の労いを込め、バリトンの弾き語りつき。
  • ファイナルサイコロセレモニーで、見事1を出し、ジャストゴールを果たしたバリトン。
    優勝商品である、インスタントの冷し中華を片手に万作に勝利報告。