夢球場第103回全国高等学校野球選手権秋田大会

各大会の試合結果をデータベース化!「秋田県高校野球情報」はコチラ

7月17日(土)/3回戦

こまちスタジアム/第2試合

1 2 3 4 5 6 7 8 9
金足農業 0 0 0 2 0 0 0 3 0 5
由利 0 3 0 4 0 0 1 0 X 8
1 2 3 4 5 6 7 8 9
金足農業 0 0 0 2 0 0 0 3 0 5
由利 0 3 0 4 0 0 1 0 X 8
試合終了

【金足農業】山形琉唯→鈴木太晟→山形琉唯―加藤大澄
【由利】斉藤流生→関 優心→小松祥吾―佐々木祥真
【三塁打】工藤大河(由利)
【二塁打】山形琉唯2、石川 峻(金足農業) 工藤大輝、佐々木祥真(由利)

 由利の先発斉藤流生は、ゆるいカーブを中心に打たせて取るピッチング、金足農業の先発山形琉唯は、勢いのあるストレートを武器にこちらも打たせて取るピッチング、2人のエースがそれぞれ無難な立ち上がりを見せる。
 しかし、2回ウラ由利は相手失策と二塁打で一死三塁二塁とすると、7番小松が山形の初球変化球をうまくレフト前に運び2人が生還、さらに相手失策で三塁一塁とすると9番先発投手の斉藤流生がライト前にタイムリー、この回3点を奪い、エース山形をマウンドから引きずり降ろす。
 4回表金足農業が2点を返し2対3と1点差に迫るも、そのウラ由利工業は二死二塁一塁で1番工藤大河がセンターオーバーの三塁打、2点タイムリーとなり2対5、再び3点差。さらに四球と死球で満塁、ここでピッチャーの投球が暴投となる、3塁ランナーホームインに続き2塁ランナーも生還、この回一挙4点を奪い2対7と5点のリードを奪う。
 その後由利が1点を入れ2対8の8回表、金足農業は4回途中からマウンドに戻った4番山形の二塁打と2つの四球で満塁とすると、内野ゴロ、相手バッテリーミス、スクイズで3点を奪い5対8と3点差に迫る。
 最終回3点差を追う金足農業は1番からの攻撃。由利のマウンドは8回途中から登板した三番手の小松。金足農業は、2本のヒットと四球で二死満塁のチャンスを作るも最後のバッターの強烈な打球はライトの正面。第6シード由利が、金足農業の挑戦を退け、ベスト8最後の椅子をつかみ取った。