スタッフ制作後記

急に気が向いたので・・・(D武田)
2009年11月6日

1年前・・・伝説を作った「デザインマンホールの蓋」拓。

視聴者の皆様からの反響も大きく、掲示板にも「マンホールはいつやるのか」といった
お問い合わせを多くいただいております。

「気分次第」だとお答えしてから1ヶ月。
急に気が向いたので、マンホール拓をふたたび行なうことになりました。

ロケ担当は、ディレクター武田・カメラマン藤林。
セットになると必ず雨が降ることでおなじみのコンビです。

当日の朝は、秋晴れでマンホール拓日和(略して「マン日」)。
しかし、これまで予報を覆す天気をことごとく実現させてきた我々には
常に不安がつきまといます。

はたして、無事にロケを終えることはできるのでしょうか。