スタッフ制作後記

ありがとう2010(D山崎)
2010年12月28日

今回は「ぷぁ金2010年末スペシャル~火曜の深夜ですがお茶の間にお邪魔します。~」と題してお送りしましたがいかがでしたでしょうか?
去年と同様、ぷぁ金の一年を振り返るという形で総集編、そして少しですが未公開映像を足してお送りしました。このスペシャル、ぷぁ金の一年の軌跡を振り返るといいつつも同時に僕の軌跡も振り返る様な感じでした。僕は今年2月から本格的にぷぁ金を担当していますが、振り返りVTRを制作している時に「あ~、こんなこともやったな。」とか「懐かしい!」という感情が芽生えました。辛い思い出はさておいて当時の楽しい思い出しか甦りませんでした。

僕は秋田出身ではないのでぷぁ金を見た事がありませんでした。ぷぁ金の担当になってから過去のVTRを見だしたくらいです。そんな感じなので、見ている方の中にはもしかしたら「今までのぷぁ金と違う」「ぷぁ金でこんなことはやらなかった」と、批判的な意味で思う方もいるかもしれません。
ですが、今までのぷぁ金の手法、スーパーの出し方などをそのまま模倣するならディレクターは僕でなくてもいいでしょう。どんなに長年続いている番組でもディレクターが変わるなら、その人がやる意味が必ずあるはずです。ぷぁ金にとってのこの一年は、僕がやる意味を示し続けた一年のようにも思えます。ただ、全てをぶっ壊すつもりはありません。その番組の色というものがあると思いますのでそれは活かしつつ、これからも僕の色を出していければいいなと思っています。

そして振り返りVTRを制作していてもう一つ思ったのは「ディレクターが出過ぎだな」ということです。意外と出ています。でも、スタッフの事なんて見ている方は意外に気にしないですからね。来年もゴイゴイと出演します。今年一年、ぷぁ金をありがとうございました。