MENU

「第20回ANNアナウンサー賞」 青木隆太アナウンサーが「新人賞」を受賞

ANN(テレビ朝日系列)26局のアナウンサーを対象にした「第20回ANNアナウンサー賞」の受賞者が発表され、青木隆太アナウンサーが「新人賞」を受賞しました。

「ANNアナウンサー賞」は、アナウンサーとしての日常の研鑚・努力が顕著であると認められ、他の模範として奨励できる者に対し毎年1回贈られます。
今回は2020年10月から2021年9月までに携わった業務を対象に、「スポーツ実況」「ナレーション」「番組」の3部門で、それぞれ「新人賞(アナウンサー歴5年以内対象)」と「優秀賞(16年以内)」が選出されました。
青木アナは、2021年夏の高校野球秋田大会の実況を出品し、スポーツ実況部門の新人賞対象15人の中から「新人賞」に選ばれました。
AABアナウンサーの「ANNアナウンサー賞」受賞は4人目となります。

対象作品

「第103回全国高校野球選手権秋田大会
準々決勝 由利VS秋田商業」(2021年7月19日)の実況
激しく点を取り合う展開となり 6-6で迎えた9回 秋田商業がサヨナラ勝ち

青木アナは、夏にかける球児たちに素直に寄り添った実況を心掛け、「新人賞にふさわしい若々しさと今後の可能性を感じさせる」「球児の熱い思いを伝えたいという気持ちが伝わってきた」などと評価されました。

青木アナ受賞コメント

青木隆太

「目標の新人賞をいただき感無量です。素晴らしい画作りをしてくださった制作スタッフ陣のおかげです。新人賞を励みにしつつ、未熟なところが多々あるので、より実況者として成長できるよう努力し続けたいと思います」