あいたいAAB

弭間 花菜

新たな楽しみ発見

弭間家はテレビゲームを一切持っていなかったこともあり、私は小さい頃から外で遊ぶことが多かったです。「eスポーツ」が世間で話題になっている時も、「そんな世界もあるんだな」と、どこかひとごとのようなところも。

そんな私が最近、格闘ゲーム「ストリートファイターV」にハマっています。人生で初めて「プレイステーション4」を手にしたのです。

きっかけは、毎月第3・4金曜日の深夜に放送している番組「ゆるe~学園」。お笑い芸人品川庄司の品川祐さんと一緒に出演しています。この番組は”超入門者目線””超初心者目線”で気軽に楽しく、eスポーツを楽しめるバラエティーです。

eスポーツは知れば知るほど奥が深く、やればやるほど上達し、気づけば私もすっかり熱中しています。

番組を通して、ゲームを体験してこなかった人たちにも「eスポーツ」の楽しさを伝え、始めるきっかけになればうれしいです。YouTubeにも番組の動画が載っているので、こちらも”ゆる~い気持ち”でご覧ください。

この冬は寒くて天気の悪い日も多いですが、特にそんな日はゲームを楽しんでいます。おうち時間が増えた今、新たな楽しみを見つけられた気がします。

(朝日新聞秋田版 2021年01月30日掲載)

弭間 花菜

ドライブの楽しみ

県内各地の紅葉の名所も見頃を迎え、秋も深まっていますね。朝晩ぐっと冷え込むこともあり、初霜の便りなどを聞くと少しずつ冬に近づいていると感じます。外に出てみると、いっそう季節の移ろいを感じることができますよね。

私は秋田に来てドライブが趣味の一つになりました。休みの日は時間があるとぶらっと出かけ、景色の良いところで風に当たりながらおやつを食べたり、本を読んだりして楽しんでいます。水を張った田んぼから黄金色の稲穂が実るまでの美しい色の変化や、海の波の音、海に沈む太陽、一面に広がる星空がお気に入りです。1人で夜の運転は少し怖いのでなかなか行けませんが、秋田のきれいな星空に驚きました。

ぼーっとただ景色を眺めることで、気持ちが落ち着いてリラックスできます。自然の中でのんびり過ごすと風の音や鳥の声、いつもとは違う小さなことにやすらぎを感じます。そんな中で食べるおやつは、いつもの2倍おいしく感じるんですよね。最近は、ドライブ先で地元のパン屋さんやお菓子屋さんを探すのも楽しみです。

秋田に来て自然の中で過ごすことが大好きになりました。冬は雪道が不安なので自分の運転でドライブを楽しめるのはあと少しかな……。これからも四季折々の秋田の魅力を満喫したいです。

(朝日新聞秋田版 2020年10月31日掲載)

弭間 花菜

愛犬 早く会いたい

「新型コロナウイルス」。この言葉を聞かなくなる日はいつ来るのだろう……。何も気にせずマスクを外せる日は来るのだろうかと最近考えてしまいます。

県内では徐々に自粛ムードも緩くなり、出かけられるようになってきましたが、東京ではまた感染者が増えてきました。まだまだ一人一人の危機感が大切な日々が続きそうですね。

私は実家が東京にあるため帰省できずにいます。いつになったら家族と会えるのだろうと思っています。

今一番会いたいのが愛犬です。実家でゴールデンレトリバーを飼っているのですが、もう半年以上会えていません。愛犬とこんなに長い間会えないのは人生初めてで、大きな体をぎゅーっと抱きしめたくて仕方ありません。抱きしめた時の存在感とぬくもりが可愛すぎて私の癒やしなんです。あ~早く会いたい……愛犬ロス……わんちゃんロスです。

でも今は踏ん張り時!会えない寂しさをテレビ電話でしのいでいます。画面を通して家族や愛犬の姿を見られるだけでも技術の進歩に感謝です。

いつかは終わる!それを信じて上を向いて頑張る時ですね。早く終息して、みんなが一緒に笑って過ごせる日が来ることを願っています。

(朝日新聞秋田版 2020年07月18日掲載)

弭間 花菜

各地で手伝い、学ぶ

秋田に来てから2年目に入りました。「サタナビっ!」(毎週土曜朝9時半~)のメンバーに仲間入りしてからは半年が経とうとしています。

そのサタナビっ!で、今月から「弭間(はずま)でございます。」という新しいコーナーを担当することになりました。「もっと秋田を知ろう」をコンセプトに、まだまだ県内のことを十分に分かっていない私が、農家の方や老舗のお店、様々な職人さんなどの元へ出かけて、お手伝いをしながら秋田のことを学ぶというコーナーです。写真のようにユニホームのサロペットを着て県内各地にお邪魔して頑張ります。これから新コーナー「弭間でございます。」をよろしくお願いいたします。

4日の1回目の放送では、羽後町で「ふくたち」という野菜の収穫をお手伝いしました。「ふくたち」は県南が発祥の白菜の種を使用した野菜で、収穫は今月中旬まで行われます。そして2回目はきょうの「サタナビっ!」で放送します。男鹿市を訪ねて「ベニズワイガニ漁」の水揚げを手伝った様子をお届けします。漁は先月から始まり港は今活気づいています。ぜひご覧下さい。また「これをお手伝いしてほしい」ということがありましたら、番組にお寄せ頂けるとうれしいです。

(朝日新聞秋田版 2020年04月18日掲載)

弭間 花菜

秋田 もっと知りたくて

2020年が始まり1カ月が過ぎました。秋田に暮らし始めてからは10カ月余り、日が経つのは早いなと感じます。

東京から秋田に移り住むと決まった時、新たな土地で暮らすことは楽しみだった一方、知り合いが一人もいない土地で社会人のスタートを切ることに不安もありました。しかし、取材で知り合った方に秋田のことを教えていただいたり、素敵なお店や美しい場所、おいしい郷土料理に出会ったりと、新鮮で楽しい日々を過ごしてこられました。まだまだ行きたい場所、やってみたいこと、食べたいものが多すぎて、一日を大事に過ごさないともったいないと感じています。

秋田ならではのお祭りや各地の温泉を巡ったり、郷土料理を食べ歩いたりしながら自分のお気に入りの場所を探したいと思っています。そのために去年は車も買いました。今年は県内のみなさんとお話しする機会ももっと増やしたいです。秋田のことを肌で感じ学ぶ一年にします。

余談ですが、羊毛フェルトでマスコットを作るのが趣味なので、写真は今年最初に作った干支(えと)と一緒に撮りました。毎年干支を作るのは恒例にしようと思います。

(朝日新聞秋田版 2020年02月05日掲載)

TOPへ戻る