あいたいAAB

弭間 花菜

身近に豊かな自然 秋田満喫

私は元々アウトドア好きですが、秋田に来てより自然の豊かさを身近に感じ、アクティブに楽しく過ごしています。山登りに船釣り。秋田に来ていなかったらこんな楽しさに気づけてなかったかもしれません。

車を走らせれば近くに山があり海があり素敵な風景が広がる。なんて良い所なんだとしみじみ。秋田に来られたからこそ経験できたことがたくさんあります。

先日、以前お世話になった男鹿のエビちゃん船長のところで人生2度目の船釣りをしてきました!「サタナビっ!」のロケで初めて船釣りをして完全にとりこになっています。船から見る風景も楽しみの一つですが、さおに魚がかかり釣り上げる瞬間どんな魚が釣れたかなとワクワクするのがたまらないんです。

今回のお目当ては旬のタイ!でしたが、残念ながらGETはなりませんでした。でも男鹿の海は本当に魚種が豊富でカサゴ、キジハタ(写真で手にしている魚です)、ソイ、マハタなど色々釣ることができました。楽しすぎます。自然の恵みに感謝ですね。大物のタイGETをめざして近いうちにリベンジします!

これからも秋田を満喫していきたいです。

(朝日新聞秋田版 2022年07月15日掲載)

弭間 花菜

初めて船釣り 結果は?

先日、「サタナビっ!」ロケで初めて船釣りをしてきました。ちょこっと体験談です。

長谷川瞬さんと、釣った魚で”メシ”を食う「釣りメシ万歳」に初挑戦しました。どんな魚が釣れるのか、果たして釣ることができるのか、船酔いしないか。ドキドキワクワクでいざ男鹿市の戸賀漁港を出港!!

波に揺られながら感じる風はすがすがしく気持ち良かったです。船からの男鹿半島の景色も最高でした。

今回教えてくれたのは「SALT Beach(ソルトビーチ)」のエビちゃん船長!岩手から秋田に移住された素敵な女性で、ご夫婦で遊漁船を営んでいます。お二人とも笑顔がとても素敵でした。一から十まで教えてくれるので初心者でも安心して楽しめます。ホームページ、SNSもあるのでのぞいてみてください。

男鹿の海はいろいろな種類の魚が釣れるそうです。この時期はソイ、アイナメ、カサゴなどが釣れるのだとか。

果たして長谷川さんと私は釣ることができたのか!?笑いあり!驚きあり!泣きあり!?7日放送の「サタナビっ!」是非ご覧ください!

(朝日新聞秋田版 2022年05月06日掲載)

弭間 花菜

「ゆるe~学園」初の学園祭

毎月第3、第4金曜日の深夜24時15分から放送しているeスポーツバラエティ「ゆるe~学園」初のイベント「学園祭」が3月26日に秋田拠点センターALVEで開かれることになりました!

番組ではタレントの品川庄司の品川祐さんと一緒にeスポーツの魅力をお伝えしていますが、イベントでも品川さんとともにMCを務めます。

これまでゲームとは縁がなかった私が番組スタートを機にゲームを始めて約1年半。「ストリートファイター」から始まり、ぷよぷよ、テトリス、APEXなど様々なゲームに挑戦してきました。

腕が上達しているのかと言われると・・・・・・?ですが、学ぶことも多く番組に関われたことに感謝しています。視聴者の方から「番組を見てます」と声をかけて頂くのもとても励みになっています。

イベントでは、インパルスの板倉俊之さんなどゲーム好き芸人の皆さんのトークライブや、来場者とのゲーム大会もあります。当日は皆さんと一緒に現場の空気を感じながら楽しめればと思います。

このイベントに抽選で200人をご招待します。応募の締め切りは3月6日。詳しくは秋田朝日放送のHPをご覧ください。まだまだ寒い日が続きますが、一緒に秋田のeスポーツを熱く盛り上げましょう!

(朝日新聞秋田版 2022年02月26日掲載)

弭間 花菜

「おうち時間」新たな楽しみ

朝晩だいぶ冷え込むようになり、冬の訪れかなと思う今日この頃です。

私には最近始めた趣味があります。それは「レジン液」を使ったアクセサリー作り。UVライトを当てるだけで簡単に固まる「UVレジン」を使います。初心者でも手軽に始められ、ドライフラワーやビーズなどお気に入りのパーツを入れて、世界に一つだけのアクセサリーを作ることができるんです。この写真で着けているイヤリングもお手製なんですよ。

始めたきっかけは、家で過ごす時間が増えて、部屋の中を華やかにしたいと思い、ドライフラワーを買ったことでした。部屋に飾って眺めていると、他にもドライフラワーを使っている物に興味を持つようになり、中でもアクセサリーのかわいらしさに魅了されていきました。

もともと羊毛フェルトを使ったマスコット作りが趣味で、新たに好きなドライフラワーを使って自分だけのアクセサリーを作りたいと思い、始めてみました。作るのは主にイヤリングやピアス。最初はパーツをどれくらい入れたらどんな見え方をするのかなど、分からないことも多く、今も試行錯誤中です。

色々考えながら作り上げていくのが楽しく、新たな”おうち時間の楽しみ”になっています。皆さんも何か新しく始めたことはありますか。

(朝日新聞秋田版 2021年11月13日掲載)

弭間 花菜

道の駅で出会う 秋田の味

小さい頃から旅行の時に必ず立ち寄る道の駅。楽しみのひとつは、その土地で売っている「おこわ」や「お餅」などのお総菜を買うことです。道の駅によって並ぶお総菜が異なり、その土地ならではの特徴、味が楽しめます。地元の味を知ることができる道の駅がとても好きです。

県内の道の駅で出会った今一番大好きなお総菜は「いなり煮」です。みなさんご存じですか。一般的な「おいなりさん」より少し甘めの味付けで、中にもち米が入っています。私はおいなりさんに、もち米が入っていることに驚きました。秋田ならではの甘じょっぱさ、そして、もちもち感がやみつきになります。県南方面の道の駅に出かけた時は、必ずといっていいほど買い求める大好物のひとつです。

いなり煮が大好きになり、色々調べたところ県南の郷土料理なんだとか。ただ、郷土料理として生まれた背景や作り方はよくわかりません。秋田出身の同僚に聞いても、由来を知っている人はいませんでした。

秋田の郷土料理は、つくる方々の愛情や優しさが感じられるものばかりです。まだ知らない郷土料理がたくさんあります。いなり煮のことも興味津々で、いつか番組で取り上げられないかと思っています。郷土の味が失われつつある今こそ、秋田の味を食べ尽くし、発信していきたいです。

(朝日新聞秋田版 2021年07月31日掲載)

TOPへ戻る