あいたいAAB

ZEN

次に備え学ぼう

まさに未曽有の1年が過ぎようとしている。今年はどんな風に歴史に刻まれるのだろう。いや、この事態は年内には終わらない。こんな受け入れがたい状況があと1年か2年続くとしたらそれはどんな世界を生み出すのだろう?

感染症の蔓延(まんえん)は歴史上何度も繰り返されてきた。記録が残る以前にも繰り返し起きていたはずだ。現代のような対処方法もなく、何が起きているのかも理解できず、訳のわからないまま仲間たちが倒れていくその様を、ただ受け入れるしかない。恐怖の時間を過ごしていたんじゃないだろうか。それでも人類は生き延びた。我々はその子孫なわけだ。しかしながら、戦うための多くの武器を持っていたはずなのに、百年前とたいして変わらないことしか出来ずに右往左往するばかりだったようにも感じるが。私たちはどんな社会に生きていたのか、ちゃんとわかっていなかったのだ。これを機会に学ばなきゃ。次に備えるためにも。

それでも変わらない日常もあった。笑えることも楽しいことも。状況に対処し、工夫し、新しいカタチも生まれている。きょうは、「サタナビっ!」も年末スペシャルで夕方ニュースの「トレタテ!」と合同で秋田の1年を振り返る4時間半の生放送。とにかく少しでも楽しい年末を過ごしていただければ。

(朝日新聞秋田版 2020年12月26日掲載)

TOPへ戻る