あいたいAAB

高田 美樹

山口選手 勝負強さに期待

会うたびに秋田愛を感じるプロ野球選手が千葉ロッテマリーンズの山口航輝選手です。山口選手は大阪出身ですが、高校3年間を秋田で過ごしました。2年の夏に甲子園出場。3年の夏は秋田大会の開会式で堂々と選手宣誓を披露し、決勝での金足農の吉田輝星投手との対戦は見た人の心を熱くしました。

そんな山口選手は、先月行われたプロ野球の年間表彰式NPBアワードで取材記者らが選考するイースタン・リーグの「優秀選手賞」に輝きました。プロ1年目の今季1軍昇格はありませんでしたが、記者の皆さんが頑張りを見てくれていたのだと本当にうれしかったです。山口選手のすごいところは、ここぞという場面で決める勝負強さです。初の秋田凱旋試合でプロ初ホームランを放ち、19歳の誕生日には自らを祝うバースデーアーチ。ご両親が見に来た試合では猛打賞の活躍を見せていました。しかし観客の目を最も引き付けたのは豪快なスイング。試合を何度か見に行きましたが、一振りで観客をうならせていて誇らしく思いました。

秋季キャンプで足を骨折してしまいましたが、キャンプインに向けて気合十分。「秋田でまた試合がしたい」との願いがかなって、チームメートで秋田商出身の成田翔投手と躍動する未来が楽しみです。

(朝日新聞秋田版 2019年12月11日掲載)

TOPへ戻る

error: Content is protected !!