あいたいAAB

高田 美樹

夏へ 1つ1つ積み重ね

先月、母校の新屋高校で後輩の指導をしていた秋田市出身で元プロ野球選手の藤田太陽さんを訪ねました。藤田さんは現在、東京で働きながら富山の社会人野球のクラブチームの投手兼コーチとして活躍しています。今の秋田の野球や藤田さんの人生についてなど、たくさんのことを伺いました。

藤田さんが新屋高校で指導するのは1週間という短い期間だけです。その中で「選手が頑張れる『燃える言葉』を届けたい」とお話ししていました。夏の甲子園を目指すというとものすごく大変なことに感じますが、藤田さんが選手に伝えたのは「162個のアウトを取ればいい」ということだそうです。

1回戦から決勝まで6試合で三つのアウトを9イニング取り続ける。その結果が甲子園。大きなプレーをしなくても、1つ1つのアウトをひたむきに取っていけば甲子園に行けるということを伝えたいと藤田さんは話していました。

今夏の「令和」最初となる甲子園への切符を手にするのは、どの高校でしょうか。野球だけでなく、大きな目標は1つ1つの積み重ねでかなえられるもの。選手の頑張りから生まれる感動や興奮を多くの人に伝えるために、夏に向けて私も目の前の1つ1つのことを頑張っていきたいと思います。

(朝日新聞秋田版 2019年05月08日掲載)

TOPへ戻る

error: Content is protected !!