社長ブログ

2021/05/19

秋田を離れましたが…… | 桜井 元

 秋田県知事選、秋田市長選などの投開票日に「高齢者」の仲間入りをさせていただきました。これを機に、常勤の相談役を非常勤に切り替えてもらい、連休明けに秋田を離れました。

 あの震災をはさんで、仙台(東日本放送)が4年、秋田が7年11ヵ月と、東北連続11年11ヵ月の単身赴任生活でした。名古屋、2回目のドイツ、2回目の福岡を合わせると、通算16年。1981年に新聞社に入りましたから、40年の会社員人生の4割が単身赴任だったことになります。

 東北の単身暮らしで大膨張した本・楽譜・CD・DVDがもとの横浜のマンションに入りきらないので、少し収納の大きな中古マンションを近所に見つけました。いま住んでおられるご家族が転居され、リフォームの工事が終わるまで、秋田のほとんどの荷物は、土崎の倉庫で保管していただいています。

 コロナ禍のため、お世話になった皆さんにご挨拶をすることもままならず、送別のお申し出を辞退させていただくなど、たいへん失礼いたしました。非常勤とはいえ、相談役としてまだ会社につながっておりますので、会社のイベントや秋田のお祭りなどの機会をとらえて、秋田へ時々、顔を出したいと考えています。きょうも電話で、取引先の社長さんが「タイミングあわせて一緒に秋田へ行きましょう」と声をかけてくださいました。

 12年ぶりに横浜市民に戻りましたが、まん延防止等重点措置が発令中なので、外食してもビールを頼めず、「不自由感」を味わっています。3桁の神奈川県の感染者数はあまり気にとめず、秋田県の数字が10人を超えたかどうかに一喜一憂しています。

 こうしてAABのホームページに小文を寄せることも少なくなるでしょうが、秋田のニュースに刺激され、気まぐれに書いてしまうかも知れません。

 リモート隠居の「戯れ言 たわ言 ひとり言」と受けとめて、サラッと読み流してください。

TOPへ戻る