7月25日(月)決勝

2016年7月25日(月)/こまちスタジアム

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
角館 0 2 0 1 3 0 0 1 0 7
大曲工業 1 0 0 0 0 2 0 5 X 8

【角館】小木田敦也―小松尚哉
【大曲工業】佐々木優斗→藤井黎來→鈴木理公―浅利賢宏
【三塁打】赤上優人・佐々木龍也(角館)
【二塁打】小松尚哉(角館)

大会史上初の県南勢同士の決勝戦。
完投能力のあるエース鈴木と2年生藤井を中心にうまく継投で勝ち上がった大曲工業、決勝の先発は準決勝に続き背番号11の佐々木優斗。初回いきなり先頭バッターに内野安打を打たれスコアリングポジションまでランナーを運ばれるも後続を断ち、まずは無難な立ち上がりをみせる。
角館の先発は、今大会5試合すべての試合に先発し、2回戦以降4戦は延長戦を含めすべて完投した絶対的エース、小木田敦也。
1回ウラ、エラーで出たランナーを二塁に送られると3番守沢に右方向にうまく運ばれ先制を許す。続く4番佐藤泰輝にもセンター前に運ばれるも、5番打者を4-6-3のダブルプレーに打ち取り最小得点で切り抜ける。
先制された角館はすぐさま2回表、安打と四球で2人のランナーを8番鈴木がしっかり三塁二塁に送る。すると、ここで大曲工業は、先発佐々木を諦め2番手今大会好調な背番号10の2年生右腕藤井に交代する。しかし、角館は一死三塁二塁から9番佐藤のショートゴロで同点、1番キャプテン赤上のセンター前タイムリーで2対1と逆転する。
4回表にもキャプテン赤上が今度は左中間を抜く三塁打を放ち追加点、3対1とすると続く5回表、この回先頭3番小松が二塁打、4番小木田も安打で続き、5番佐々木が右中間を破る三塁打、クリーンナップ3連打で2点を追加すると6番柴田が初球スクイズを決めさらに1点、6対1と大きくリードを広げる。
2回以降ヒット1本に抑えられていた大曲工業は6回ウラ、この回先頭1番高橋航平がピッチャー返し、この打球が角館小木田の右ふくらはぎ辺りを直撃、内野安打となる。これが影響したか、続く打者にもセンター前に運ばれると3番先制タイムリーの守沢には四球、無死満塁となる。ここで4番佐藤泰輝は、厳しい内角のストレートに対しうまく肘をたたんでライト前に運ぶ。2者が生還し6対3と3点差に詰め寄る。
試合は終盤8回表、投手小木田がタイムリーを放ち7対3、貴重な追加点かと思われた。
8回ウラの大曲工業打線、この回トップの2番丹波が叩きつけるバッティング、高くバウンドした打球にサードうまく反応するも内野安打となる。3番守沢もセンター前に運び無死三塁一塁、続く4番佐藤泰輝の当りは鋭いライナーとなり三塁方向へ、これに三塁手高橋夏南人が飛びつきグラブに当てる。抜ければ長打確実な当りを止め、これで無死満塁。5番打者の内野ゴロでまず1点、7対4。一死三塁一塁で、続く6番浅利もレフト前ヒット、7対5。尚も三塁一塁、7番キャプテン髙橋陽喬も外角球にバットを出すとセンター前に、7対6と1点差に詰め寄る。バッターボックスには、この試合3打席3三振の8番加藤、一塁ランナーが盗塁し三塁二塁となる。ここで加藤の叩きつけた打球は投手前へのゴロ、小木田捕ってバックホームするがランナーと交錯しキャッチャーミットからボールが大きく弾かれてしまう。これで2人が返りこの回5点目、ついに大曲工業が7対8と逆転する。前の試合までチーム打率2割に満たなかった大曲工業が、ここ一番で見せた集中打だった。
後が無くなった角館最終回の攻撃、四球と安打で二死三塁一塁とし、バッターボックスにはこの日3安打2打点の1番キャプテン赤上、粘りに粘る赤上。大曲工業マウンド上は6回から登板のエース鈴木。鈴木が赤上に対し投じた8球目、赤上の打球は右中間方向へ。これがセンターのグラブに収まりゲームセット。県南勢同士の決勝戦は、大曲工業が大逆転で勝利、夏は初めて甲子園の土を踏む。

2016年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

※日付をクリックすると試合情報をご覧いただけます。
※7月21日と7月24日は健康管理日です。

甲子園試合結果

大会4日目第4試合(1回戦)8月10日(水)

大曲工業 1-6 花咲徳栄(埼玉)

スコア詳細を見る

応援ソング

▽2016 AAB夏の高校野球応援ソング
楽曲名:光と影の日々
アーティスト名:AKB48