7月24日(火) 決勝

2018年7月24日(火)/こまちスタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
明桜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
金足農業 0 0 0 1 0 0 0 1 X 2

【明桜】小西 輝→曽谷龍平―加藤洋平
【金足農業】吉田輝星―菊地亮太
【三塁打】吉田輝星(金足農業)
【二塁打】吉田輝星・菊地彪吾・打川和輝(金足農業)

2年連続同一カードとなった決勝戦、明桜の先発は実質的にエースとなった背番号9の左腕小西。ボール球先行ながらも金足農業打線に的を絞らせない。一方金足農業の先発は、絶対的エース右腕吉田。吉田はリラックスした投球フォームから繰り出すストレート、スライダーが切れ、明桜打線から三振を奪っていく。
4回ウラの金足農業、この回先頭は3番吉田。思い切り振りぬいた吉田の打球は右中間真ん中を破る三塁打、ここまで無安打だった金足農業に初ヒットが生まれる。続く4番打川がセンター返し、先制点が金足農業に入る。
5回表明桜の攻撃、先制して波に乗るかと思われた金足農業吉田の制球が突然乱れる。四球と死球、さらに安打で一死満塁のピンチ。しかし、吉田は崩れない、後続をサードゴロとセカンドゴロに斬ってとり、相手に点数を与えない。
7回表明桜はこの回の先頭打者5番有木が三遊間を破り出塁する。ここまで吉田の投球にバントを決めきれなかった明桜はここで強硬策、6番能勢の打球はセカンド右へ、ライト前に抜けるかという当たりに二塁手菅原(天)が横っ飛び、見事グラブに納めセカンドゴロ、一死二塁。盛り立てる守備陣に吉田も応える。後続を三振と一塁ゴロに押さえる。
4回途中からマウンドに上がった明桜の二番手、左腕曽谷は打たれながらも要所を締め0対1のまま試合は終盤へ。8回ウラ金足農業は、この回トップの一番打者菅原(天)がセンター横に運ぶと、外野手がボールを逸らしている間に好走塁二塁に達する。すかさず三塁に送ると打席には、この試合三塁打・二塁打と当たっている3番吉田。1ボールからの2球目、ベンチの作戦はスクイズ、吉田低めのボールにうまくバットを当てスクイズ成功、欲しかった欲しかった貴重な追加点が入る。
9回表、明桜の攻撃は4番山口から。1ストライクからの2球目、山口の打球は飛距離充分レフト方向への大きな当たり、しかしこれは左に逸れファール。苦笑いの山口と吉田。結局、ここは吉田が山口をスライダーで三振に仕留める。吉田は最後まで球威が衰えなかった。最後の打者も132球目、この試合11個目の三振に仕留めゲームセット。金足農業が息詰まる接戦を制し、11年ぶり6度目の甲子園出場を決めた。100年目の夏、秋田大会を制したのは金足農業だった。

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

※日付をクリックすると試合情報をご覧いただけます。
※7月22日は健康管理日です。

甲子園試合結果

大会16日目(決勝)8月21日

金足農業 2-13 大阪桐蔭

スコア詳細を見る

大会15日目第1試合(準決勝)8月20日

金足農業 2-1 日大三高

スコア詳細を見る

大会14日目第4試合(準々決勝)8月18日

金足農業 3-2 近江  

スコア詳細を見る

大会13日目第2試合(3回戦)8月17日

金足農業 5-4 横浜  

スコア詳細を見る

大会10日目第2試合(2回戦)8月14日

金足農業 6-3 大垣日大

スコア詳細を見る

大会4日目第2試合(1回戦)8月8日

 金足農業 5-1 鹿児島実業

スコア詳細を見る

応援ソング

▽2018 AAB夏の高校野球応援ソング
楽曲名:夏疾風
アーティスト名:嵐