インフルエンザが流行期に

秋田のニュース2018/12/14
本格的な冬の話題が増えるなかインフルエンザへの警戒を強める季節にもなりました。県内はインフルエンザの流行期に入りました。県によりますと3日から9日までのインフルエンザ患者数は1医療機関あたり1.13人となり、流行期の目安となる1人を今シーズン初めて上回りました。特に秋田市や大館市で患者数が増えていて、これまでに秋田市の保育園3カ所でインフルエンザの集団発生が確認されています。高齢者や小さな子どもがインフルエンザに感染すると重症化のリスクが高くなります。これからの季節はよりこまめな手洗いやうがいマスクの着用、十分な休養をとるなど感染予防を徹底してください。

めざせ健康寿命日本一!応援フェア2018/12/15
年賀状の受付け始まる 園児がセレモニー2018/12/15
北秋田市で火災 小学生を搬送…けがなし2018/12/15
内陸中心に積雪 “恵みの雪”の場所も…2018/12/14
新年用の酒だる作り盛ん2018/12/14
インフルエンザが流行期に2018/12/14
飲酒運転撲滅キャンペーン2018/12/14
ネット犯罪の被害防止へ 県警とドコモが連携2018/12/14
冬型の気圧配置強まる 15日昼にかけて積雪増加2018/12/14
子どものネット犯罪の被害防止へ県警とドコモが連携2018/12/14
「嫌いだった」同じ学校の教諭の持ち物捨て懲戒処分2018/12/13
平成最後の「すす払い式」 厄や災いを払う2018/12/13
“免停中”に追突事故→逃走…カメラに一部始終が2018/12/13
県議の東欧・ハワイ地上イージス視察報告会2018/12/13
グーグル検索・急上昇ワードランキング 今年は…2018/12/13

全国のニュース

お出かけ先でもニュースをチェック

AABニュースは、携帯サイト、スマートフォン端末からもご覧いただけます。

スーパーJチャンネル トレタテ!

月~金 夕方4時45分

情報募集

みんながカメラマン