熊本を連破しB1復帰果たす 秋田99ー65熊本

  • 画像1
  • スタッツはコチラ

■日時
2018年5月13日(日)14:00  

■会場
CNAアリーナ★あきた (4909人)

■試合結果
(東地区1位)秋田99ー65熊本(ワイルドカード)

1Q秋田27ー14熊本
2Q  24ー22
3Q  26ー14
4Q  22ー15

1Q立ち上がり、秋田はアウトサイドの精度を欠く。熊本は#1中西のインサイドアウトから#7小林がジャンパーを沈め、先制する。秋田はインサイドにボールを入れて、#11スパイクスがフリースローを得て、1本沈める。熊本は秋田ディフェンスのプレッシャーを受け、ミスから秋田#9白濱がレイアップに持ち込む。熊本はフリースローでつなぐが、秋田は#5田口が落ち着いてジャンパーを沈めると、#34小野寺もしぶとくインサイドを攻める。秋田は7−3とリードを奪って中盤に入る。中盤、秋田は#34小野寺のアシストを受けて#55谷口が3ポイントを射抜く。ディフェンスからリズムを作る秋田は流れを引き寄せ、10−3とリードを広げる。熊本ベンチはタイムアウトを取って秋田に傾いた流れを断ち切ろうとする。タイムアウトあけ、秋田は#9白濱がフリースローを得るが、2本とも外してしまう。秋田のプレッシャーディフェンスはファールとジャッジされる。リバウンドで競り負ける秋田は、熊本#11福田がアウトサイドを攻めるが、秋田は#55谷口、#9白濱が連続3ポイントを沈め、16−5とリードを広げる。インサイドでは#43コールビーがジャンパーを沈めると、熊本は#1中西がゴール下からねじ込む。秋田は20−7と13点リードで終盤に入る。終盤、秋田はノーマークとなった#55谷口が3ポイントを射抜く。熊本はオフェンスが単調となり、#1中西のインサイドに頼らざるをえない。秋田は熊本のゾーンディフェンスにアウトサイドの精度を欠き、得点が止まる。熊本は秋田のファールを誘って#47並里、#1中西がフリースローから加点する。秋田は残り1分で23−12とリードを11点とする。秋田は熊本ディフェンスを切り裂き、レイアップに持ち込む。熊本は#1中西のゴール下で応じるが、ここでも#17中山がドライブを仕掛ける。秋田は27−14と13点リードで2Qへ。

2Q序盤、秋田は内外の精度を欠くと、熊本は#47並里が3ポイントを射抜く。秋田は#9白濱がゴール下のスペーズを見逃さず、#43コールビーのアリウープを演出する。ディフェンスからオフェンスにつなげる秋田だが、シュートミスが生まれてしまう。しかし、#43コールビーが落ち着いてミドルレンジを攻め、ディフェンスでも熊本のチャンスを摘み取る。秋田は31−17と14点リードで中盤に入る。中盤、熊本は秋田のミスに乗じて、速い展開に持ち込み、#8ドゥインカーのフリースローで加点する。熊本は#30ウッドベリーがゴール下を攻めるが、秋田は#31高畠が落ちついて3ポイントを入れ返す。熊本に内外を攻め込まれる秋田だったが、秋田は#34小野寺がミドルレンジを攻める。秋田は37−24と13点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、熊本はディフェンスで熊本のミスを誘うと、#31高畠がコーナーから3ポイントを射抜く。熊本は秋田のファールを誘って、#2古野がフリースローをきっちり沈める。アウトサイドがリングに嫌われる秋田だが、熊本もオフェンスミスを犯してしまう。秋田は#6大塚がしぶとくジャンパーを沈めると、今度はロングパスをゴール下の#22カヨールに供給する。秋田は44−26とリードを18点に広げて終盤に入る。終盤、熊本は#7小林がアウトサイドを攻めると、リバウンド争いで秋田のファールを誘い、フリースローから点を重ねる。流れを悪い中、秋田はノーマークとなった#5田口が3ポイントを射抜く。熊本は秋田ディフェンスの隙をついて#1中西がゴール下から押し込む。秋田はインサイドでパスをつないで、#43コールビーのフリースローで応じる。熊本はリバウンド争いでファールを受けた#1中西がフリースローを得る。秋田も#43ゴール下でファールを受けた#43コールビーがフリースローを確実に沈める。熊本は#1中西がアタックを仕掛けるが秋田#43コールビーが壁となって得点を阻止する。秋田にミスが出ると、熊本は#7小林が落ち着いてミドルレンジを攻める。秋田は51−36と15点リードで3Qへ。

3Q序盤、追いかける熊本だが、秋田ディフェンスの圧力を受けミスが生まれ、秋田#55谷口のフリースローにつなげてしまう。熊本は#7小林が秋田のファールを誘って3ポイントを放ち、フリースローを3本を沈める。秋田は#17中山のノールックパスから#34小野寺がゴール下から押し込むと、#55谷口のジャンパーも続く。リバウンドからリズムを作る秋田は#55谷口がこの日4本目の3ポイントを射抜く。熊本は#8ドゥインカーがインサイドを攻めて追いかけるが、秋田も#5田口が3ポイントを沈める。秋田は63−43と20点リードで中盤に入る。中盤、熊本はセカンドチャンスを得るが決定力を欠く。秋田はボールムーブから#5田口が3ポイントを射抜き、流れを渡さない。フィールドゴールのない熊本だが、#7小林がフリースローを確実に沈める。しかし、秋田は#55谷口が連続で3ポイントを射抜き、さらに勢いづく。秋田は残り5分を切って、72−45とリードを27点に広げる。熊本ディフェンスを攻略した秋田は#17中山がアタックを仕掛け、フリースローから加点する。熊本も#1中西のゴール下で食らいつくが、秋田が大量リードを守って終盤に入る。終盤、攻め手を欠く熊本だが、#1中西がインサイドを攻めフリースローを得るが、決めきれない。決定力を欠き、隙を見せる秋田だが、熊本もミスからシュートに持ち込めない。ファールジャッジを巡って熊本ベンチにテクニカルファールが宣告され、秋田は#5田口がフリースローから加点する。秋田ディフェンスのプレッシャーを受け、熊本はオフェンスを組み立てられない。秋田は時間を使ってコントロールし、完全にゲームを支配する。秋田は77−50と27点リードで4Qへ。

4Q序盤、熊本はアウトサイドを立て続けに攻めるが、リングに弾かれる。熊本のミスに乗じて、秋田は#11スパイクスがアタックし、フリースローをきっちり沈めてリズムを作る。熊本は#30ウッドベリーがファールを誘ってアタックし、3点プレーが成立する。秋田は時間を使って組み立てるが、決定力を欠く。秋田が決定力を欠く間に、熊本は#7小林が3ポイントを沈める。秋田は81−58と大量リードを守って中盤に入る。中盤、秋田は#34小野寺が落ち着いて3ポイントを沈める。熊本は内外から組み立てるが、一気に畳み掛ける勢いはない。秋田は88−58とさらにリードを広げてオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、熊本は#30ウッドベリーがしぶとく3ポイントを沈めるが、秋田は#11スパイクスが落ち着いてフリースローを2本沈める。秋田は90−61と29点リードで終盤に入る。終盤、秋田は#6大塚がブロックを避けて技ありのフローターを決めると、ゴール下ではリバウンドに競り勝った#9白濱が押し込む。さらに#6大塚がドリブルでディフェンスを翻弄し、#43コールビーのゴール下を演出する。最終盤に入っても手を緩めることなく仕掛ける秋田は、#22カヨールが思いっきり良く3ポイントを沈め、勝利のブザーを待つ。秋田は99−65で熊本を撃破し、来季のB1復帰が決まった。

B2プレーオフ決勝に進んだ秋田は、19日(土)、20日(日)の両日、福岡(西地区1位)をホームに迎え、B2の頂点を目指す。

■秋田スターティング5
#5  田口成浩
#9  白濱僚祐
#11 ナイジェル スパイクス
#34 小野寺祥太
#55 谷口大智

■熊本スターティング5 
#1  中西良太
#2  古野拓巳
#7  小林慎太郎
#8  ジョッシュ ドゥインカー
#11 福田真生

(2018年05月13日)

過去の記事一覧

秋田朝日放送トップページ 無断転用・転載禁止 素材提供:© B.LEAGUE