最大15点差を逆転 B1に王手 秋田85ー81熊本

  • 画像1

■日時
2018年5月12日(土)14:00  

■会場
CNAアリーナ★あきた(3247人)

■試合結果
(東地区1位)秋田85ー81熊本(ワイルドカード)

1Q秋田17ー23熊本
2Q  12ー20
3Q  28ー17
4Q  28ー21

1Q立ち上がり、ファーストオフェンスで熊本は、#1中西がインサイドを攻める。秋田は#17中山が切り込んでレイアップに持ち込む。熊本は#11福田がジャンパーを沈めると、秋田は#34小野寺がドライブで入れ返す。動きが硬い秋田にミスが出ると熊本は#2古野が3ポイントを射抜き、リードを奪う。秋田は6−11と5点を追って中盤に入る。中盤、秋田はアウトサイドの精度を欠く。熊本のオフェンスファールをきっかけに詰め寄りたい秋田だが、決定力を欠く。得点が止まっていた熊本だが、#7小林が3ポイントを沈め、6−14とリードを広げる。追いかける秋田はタイムアウトを取って立て直しを図る。タイムアウトあけ、秋田は#9白濱のアシストを受けて#39保岡が3ポイントを射抜く。しかし、熊本のゾーンディフェンスを攻略できず、詰め寄ることができない。秋田は9−14と5点を追って終盤に入る。終盤、チームファールが5つを超えた秋田は熊本にフリースローを献上する。熊本は秋田はディフェンスの隙をついて#8ドゥインカーがゴール下から難なく押し込む。秋田は#5田口が3ポイントシュート体勢中にファールを受け、フリースロー3本をきっちり沈める。秋田は12−18と6点を追って残り1分半を迎える。熊本は#47並里がドライブを仕掛けるが、秋田は#22カヨールが3ポイントを入れ返す。残り1分を切って、熊本は#8ドゥインカーがフリースローから加点する。秋田は#31高畠がリバウンドを拾って押し込むが、熊本#2古野にドライブを許してしまう。秋田は17−23と6点ビハインドで2Qへ。

2Q立ち上がり、秋田はディフェンスからオフェンスへとつなげるが得点にはならない。熊本は#7小林がファールを誘ってフリースローから加点する。内外の決定力を欠く秋田に対し、熊本は#30ウッドベリーが確実に点を重ねる。秋田は#22カヨールがフリースローを得るが2本とも外してしまい、流れを呼び込めない。得点のなかった秋田だが、#9白濱が果敢にドライブを仕掛ける。ディフェンスからオフェンスへとつなげる秋田だが決定力を欠く。熊本は#47並里のスティールからイージーバスケットに持ち込む。秋田は19−28と9点ビハインドで中盤に入る。中盤、熊本はインサイドを攻める#30ウッドベリーの3点プレーで19−29とリードを10点とする。秋田ベンチはタイムアウトを取って、立て直しを図る。タイムアウトあけ、秋田はディフェンスで熊本の得点を封じるが、熊本のゾーンディフェンスに苦しむ。秋田は19−33と14点を追いかけてオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田は#5田口がドライブを仕掛けるが熊本のブロックにあう。秋田は#43コールビーがゴール下でファールを受け、フリースローをきっちり沈める。熊本は#14ヴァンデンバーグがゴール下を攻めて優位を保つ。ともにミスからシュートに持ち込めずにいたが、秋田は#22カヨールがドライブを仕掛け、フリースローをきっちり沈める。秋田は25−37と12点を追って、残り2分を迎える。熊本は#30ウッドベリーが落ち着いて3ポイントを射抜く。秋田は#11スパイクスがフリースローを得て、しっかり2本沈める。しかし、リバウンドに競り勝った熊本はファールを受けた#8ドゥインカーがフリースローから加点する。追いかける秋田はミスからオフェンス組み立てられない。最終盤、熊本が決定力を欠くと、秋田は#5田口がジャンパーを沈めるが、すぐに熊本#2古野にフリースローで応じられる。秋田は29−43と14点を追いかけ3Qへ。

3Q立ち上がり、秋田の堅守が猛攻を生む。秋田は#17中山がスティールからレイアップに持ち込み、出だしのリズムを作る。さらにセカンドチャンスから#34小野寺が3ポイントを射抜き、34−43と9点差に詰め寄る。熊本は秋田ディフェンスの圧力を受け、タフショットを強いられる。秋田は#43コールビーのブロックからブレイクに持ち込み、#9白濱がボールプッシュし、最後は#5田口が押し込む。秋田は開始1分半で36−43と7点を追う。秋田は#34小野寺がプレッシャーを強め、熊本#2古野のミスを誘う。勢いに乗る秋田は熊本のゾーンを攻略し、#5田口がミドルレンジを攻めると、#9白濱の3ポイントが続く。秋田は41−43と一気に詰め寄る。中盤、熊本は#1中西がしぶとくインサイドを攻めると、#7小林の3ポイントが続き、秋田に傾いた流れを断ち切る。しかし、秋田は#17中山のアシストを受けて#5田口が3ポイントを射抜き、熊本ペースにはさせない。熊本はポジション争いでファールを犯し、リズムを作ることができない。しかし、#7小林が落ち着いて3ポイントを沈め、熊本がリードを広げる。秋田は44−51と7点を追いかけ、残り5分を迎える。ディフェンスから一気に攻め込む秋田は#6大塚がフリースローを得るが2本とも外してしまう。しかし、自らがリバウンドを拾って体勢を崩しながらも押し込み、これが3点プレーとなる。秋田は47−51と4点差に詰め寄る。熊本はディフェンスファールを誘った#2古野が落ち着いてフリースローを沈める。秋田はインサイドにボールが入るが、決定力を欠き、ファールから熊本にフリースローを許してしまう。秋田は47−54と7点を追いかける。終盤、秋田は#5田口がジャンパーを沈め、これがカウントワンスローとなる。熊本は#7小林がファールを誘ってフリースローから加点し、僅差のリードを守る。秋田のアウトサイドがリングに弾かれると、熊本は速い展開から#14ヴァンデンバーグがゴール下を攻める。秋田も#2水町がファールを誘ってフリースローをきっちり沈める。秋田は52−58と6点を追って残り2分を迎える。ディフェンスでチャンスを封じた秋田だが、決定力を欠く。しかし、秋田は速い展開から#5田口が思いっきり良く3ポイントを射抜き、55−58と3点差に詰め寄る。熊本はファールを受けた#1中西がフリースローで加点する。残り1分を切って、秋田はアウトサイドを攻めるが熊本ディフェンスが上回る。タイムアウトを取った秋田はリバウンドから#22カヨールがしぶとく押し込む。熊本はリバウンド争いでファールを受けた#30ウッドべリーがフリースローを得るが、1本しか決まらない。秋田は57−60と3点差に詰め寄って4Qへ。

4Q立ち上がり、秋田は攻守にミスが出て、リズムが悪い。一方の熊本もシュート精度を欠き、リズムを作ることができない。秋田は#22カヨールがアタックを仕掛け、フリースローから加点する。熊本は#47並里がしぶとくミドルレンジを攻めると、リバウンドから#30ウッドベリーが一気に走って、3点プレーが成立する。秋田は58−65と7点を追う。秋田は#5田口がディフェンスの隙を見逃さず、ドライブを仕掛けるが、熊本も#14ヴァンデンバーグがゴール下からボースハンドを叩き込む。秋田はピック&ロールから#5田口が3ポイントを沈めるが、熊本は#10菊地が3ポイントを入れ返す。秋田は#5田口がディフェンスを引きつけ、#11スパイクスのゴール下を演出する、秋田は66−70と4点を追いかけ、中盤に入る。中盤、秋田は熊本のミスに乗じて#22カヨールが切り込むが、その後が続かない。熊本のアウトサイドが決定力を欠くと、残り6分、秋田はリバウンドから#17中山がディフェンスを振り切ってレイアップに持ち込み、70−70の同点とする。熊本にオフェンスミスが出るが、秋田はこれを生かせない。秋田はディフェンスファールから熊本にフリースローを許す。秋田のアウトサイドがリングに弾かれると、熊本は#30ウッドベリーがミドルレンジを攻める。秋田は70−73と3点を追いかけ、オフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田は熊本のミスに乗じて、#5田口が確実に3ポイントを沈め、73−73の同点とする。さらにゴール下でファールを受けた#43コールビーがフリースローを得て、74−73とこのゲームで初めてリードを奪う。熊本は#30ウッドベリーがゴール下からねじ込み、再び逆転する。熊本のアウトサイドが外れると、秋田はリバウンドからパスをつないで#22カヨールが攻め込む。秋田は76−75と1点リードで残り3分を迎える。秋田はディフェンスの強度を上げるが、ファールとジャッジされ、熊本は#8ドゥインカーのフリースローで再び逆転する。残り2分を切って、秋田は#5田口がアタックを仕掛け、レイアップに持ち込む。ディフェンスで熊本のチャンスを封じると、秋田は#5田口がインサイドに分け入ってジャンパー沈め、リードを3点とする。熊本は#1中西がフリースローを得るが、1本しか決まらない。秋田は80−78と2点リードで残り1分を迎える。秋田は#43コールビーが集中したリバウンドから力強く押し込む。秋田は残り41秒で、82−78とリードを4点とする。熊本ベンチはタイムアウトを取って、オフェンスを組み立てる。タイムアウトあけ、熊本は#30ウッドベリーが3ポイントを沈めて1点差に詰め寄る。秋田はボールムーブから#34小野寺が3ポイントを入れ返し、これがクラッチシュートとなった。秋田は85−81で熊本を下し、B2プレーオフセミファイナルに先勝し、B1復帰に王手をかけた。

■秋田スターティング5
#5  田口成浩
#17 中山拓哉
#34 小野寺祥太
#43 カディーム コールビー
#55 谷口大智

■熊本スターティング5 
#1  中西良太
#2  古野拓巳
#7  小林慎太郎
#8  ジョッシュ ドゥインカー
#11 福田真生

(2018年05月12日)

過去の記事一覧

秋田朝日放送トップページ 無断転用・転載禁止 素材提供:© B.LEAGUE