プレーオフ前哨戦 秋田先勝 秋田77ー73熊本

  • 画像1

■日時
2018年4月14日(土)17:00  

■会場
熊本県総合体育館(3242人)

■試合結果
秋田77ー73熊本

1Q秋田18ー24熊本
2Q  23ー19
3Q  20ー17
4Q  16ー13

1Q立ち上がり、秋田は#9白濱がミドルレンジを攻めるが、リングに弾かれる。熊本は#11福田がしぶとくジャンパーを沈めると、#1中西がゴール下をこじ開ける。秋田は#34小野寺がドライブを仕掛け、フリースローを得るが、決めきれない。秋田はディフェンスファールが重なり、リズムを欠く。熊本はファールを誘って#1中西がフリースローから加点し、出だしのリズムを作る。秋田は1−5と熊本を追う。秋田は#9白濱がドライブを仕掛けレイアップに持ち込むが、その後が続かない。秋田は3−5と2点を追って中盤に入る。中盤、熊本は秋田ディフェンスに押し込まれ、タフショットを強いられると、秋田は#9白濱がディフェンスの隙をついてドライブを仕掛け、5−5の同点とする。秋田ディフェンスに苦しむ熊本だが、秋田のディフェンスファールがフリースローを与えてしまう。秋田は#17中山が熊本ディフェンスの隙を見逃さず、レイアップに持ち込む。しかし、熊本#1中西のゴール下を止められず、流れを呼び込むことができない。熊本は#47並里がフリースローから加点する。秋田は熊本ディフェンスの前にアシストパスを封じられる。しかし、熊本にミスが出ると、秋田は#17中山が落ち着いてミドルレンジを攻めると、#5田口がチェンジオブペースで切れ込む。秋田は11−10と逆転に成功するが、すぐに熊本#7小林に3ポイントを許してしまう。秋田がゴール下の密集から#11スパイクスがねじ込むが、熊本は#10菊池がアウトサイドを攻める。秋田は14−17と3点を追って残り2分を迎える。秋田はリバウンドから速い展開に持ち込み、#34小野寺がフリースローをきっちり沈める。熊本は#8ドゥインカーがディフェンスを突破するが、秋田も#5田口が入れ返す。残り1分を切って、熊本は#2古野が3ポイントを沈め、リードを広げる。秋田は#22カヨールがフリースローを2本とも外してしまい、流れが悪い。最終盤も秋田はインサイドにパスが通らずターンオーバーとなると、熊本#14ヴァンデンヴァーグにゴール下からねじ込まれる。秋田は18−24と6点ビハインドで2Qへ。

2Q立ち上がり、熊本は#2古野がファールを誘ってフリースローをきっちり沈める。秋田はミスから簡単にディフェンスを崩されるが、#9白濱、#19徳永が内外を攻め分ける。ディフェンスで熊本を封じられず、オフェンスでもミスを重ねる秋田は反撃のきっかけをつかめない。秋田は23−30と劣勢が続く。パッシングでノーマークを作り出す熊本は#10菊池がアウトサイドを攻める。秋田は23−32と9点ビハインドになった所でタイムアウトを取って立て直しを図る。中盤、秋田はセカンドチャンスから#22カヨールが押し込む。さらにインサイドにボールを入れて#43コールビーがファールを誘ってフリースローを得る。しかし、リバウンドから一気に攻め込まれてしまい、熊本ペースが続く。本来のオフェンスの形を作れず苦しい秋田だが、#9白濱のノールックパスから#22カヨールが押し込む。しかし、熊本#8ドゥインカーにゴール下を攻められ、流れを呼び込めない。秋田が28−36と8点ビハインドでオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田はリバウンドに競り勝った#11スパイクスがフリースローを得るが決めきれない。しかし、ミスを帳消しにするように、リバウンドから#11スパイクスがボースハンドを叩き込む。ディフェンスからリズムを作りたい秋田だが、熊本#2古野の3ポイントを許してしまう。秋田も#17中山のフリースロー、#11スパイクスのゴール下で応じる。秋田は34−39と5点を追って終盤に入る。終盤、秋田は熊本のミスに乗じて、#5田口がレイアップを決め、3点差に詰め寄る。リズムを崩し出した熊本はタイムアウトを取って立て直しを図る。タイムアウトあけ、熊本はアウトサイドを攻めるが、リングに弾かれる。秋田はパッシングから#17中山が3ポイントを射抜き、同点とする。熊本はインサイドを攻めるが秋田ディフェンスに阻まれる。秋田は#5田口が3ポイントを放つがリングに弾かれる。最終盤、秋田ディフェンスに隙が生まれ、簡単に押し込まれる。秋田は41−43と2点を追いかけ3Qへ。

3Q立ち上がり、秋田は#11スパイクスがリバウンドから押し込み、同点とする。熊本は#1中西がインサイドを攻めるが、秋田ディフェンスのプレッシャーが勝る。熊本はミスからチャンスを失うが、秋田もアウトサイドの精度を欠く。熊本は#8ドゥインカーがフリースローを沈めるが、秋田も#34小野寺が入れ返す。熊本は#8ドゥインカーにボールを集め、インサイドから点を重ね、リードを奪う。内外の精度を欠く秋田は、熊本にリバウンドから組み立てられ、熊本がペースをつかむ。秋田は残り6分を切って、45−51と6点を追う。ディフェンスからペースをつかみたい秋田は、#17中山がドライブからレイアップに持ち込むが、その後が続かない。インサイドを軸に攻める熊本は秋田のファールを誘ってフリースローから加点する。秋田は#9白濱が熊本#8ドゥインカーを振り切ってドライブを仕掛け、これが3点プレーとなる。さらにディフェンスで熊本を封じた秋田は#17中山のドライブで52−53と1点差に詰め寄って、終盤に入る。終盤、熊本はタイムアウトを取って、秋田に傾いた流れを断ち切ろうとする。タイムアウトあけ、熊本は秋田ディフェンスに押しつぶされ、秋田は速い展開から#9白濱が3ポイントを射抜き、55−53と逆転に成功する。熊本も#11福田のアウトサイドで応じ、ともに譲らない。秋田はミスから熊本#7小林の一気に走られる。秋田は#9白濱がフリースローを得るが、2本とも外してしまう。秋田は55−58と3点ビハインドで残り1分半を迎える。秋田は#43コールビーがフリースローを確実に沈め、1点差に詰め寄る。熊本は秋田ディフェンスにシュートチャンスを摘み取られるが、秋田もアウトサイドを精度欠く。残り30秒を切って、秋田は#5田口がディフェンスをかわしてレイアップを決めるが、すぐに熊本にフリースローからの得点を許し、再びリードされる。最終盤、秋田は#17中山がディフェンスを振り切ってドライブを仕掛け、61−60と1点リードで4Qへ。

4Q序盤、秋田は#22カヨールがドライブを仕掛け、ファールを誘ってフリースロー1本を沈める。2本目は外れたものの、#43コールビーがリバウンドから豪快にダンクを叩き込む。さらに#5田口のジャンパーも続き、開始1分半で秋田が66−60とリードを6点とする。熊本はタイムアウトを取って、秋田に傾いた流れを断ち切ろうとする。熊本は秋田ディフェンスのプレッシャーに押し負け、シュートに持ち込めない。秋田は#43コールビーが落ち着いてゴール下からねじ込み、68−60として中盤に入る。中盤、熊本はタフショットが続き、無得点が続く。しかし、秋田にシュートミスが生まれると、内外を攻め分け、秋田に詰め寄る。秋田は#31高畠のスティールから#22カヨールがレイアップに持ち込む。秋田は72−66と6点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、ともにミスから得点がない。熊本はインサイドにボールを入れて、秋田のファールを誘ってフリースローから追いかける。秋田は熊本ディフェンスを崩しきれず、得点がない。熊本は#2古野がドライブを仕掛けるが、秋田も#19徳永がドライブで応じる。残り2分を切って秋田は74−71とリードを守る。秋田は#5田口がドライブからレイアップに持ち込むが、ボールはリングからこぼれ落ちる。残り1分、秋田は74−73と1点のリードを守る。残り40秒、秋田は#5田口の放った3ポイントがエアボールとなるが、#11スパイクスの集中したリバウンドから最後は#22カヨールがねじ込む。熊本は時間をかけずにアウトサイドを攻めるが、秋田が守りきる。秋田は77−73で熊本に競り勝った。

■秋田スターティング5
#2  水町亮介
#9  白濱僚祐
#34 小野寺祥太
#39 船山裕士
#43 カディーム コールビー

■熊本スターティング5
#1  中西良太
#2  古野拓巳
#7  小林慎太郎
#8  ジョシュ ドゥインカー
#11 福田真生

(2018年04月14日)

過去の記事一覧

秋田朝日放送トップページ 無断転用・転載禁止 素材提供:© B.LEAGUE