出だし低迷 堅守で巻き返す 秋田70ー68茨城

  • 画像1
  • スタッツはコチラ

■日時
2017年12月3日(日)14:00

■会場
CNAアリーナ★あきた(2915人)

■試合結果
秋田70ー68茨城

1Q秋田 9ー23茨城
2Q  23ー10
3Q  16ー11
4Q  22ー24

1Q立ち上がり、秋田はリバウンドに競り勝って、セカンドチャンスを得るがフィニッシュできない。茨城は時間いっぱいを使って、#27眞庭がジャンパーを沈める。さらに#14髙橋の3ポイントなどで加点し、0−6とリードを奪う。秋田はオフェンスでミスが目立ち、シュートに持ち込めない。中盤、秋田は選手を入れ替え、打開を図る。秋田は#19徳永がジャンプショットを放ち、自らリバウンドを拾ってレイアップに持ち込む。しかし、ディフェンスファールを重ねる秋田は開始5分でチームファールが5つとなり、茨城にフリースローを献上する。秋田は残り5分で2−10と8点を追う。動きに精彩を欠き、反撃のきっかけをつかむことが出来ない秋田は、ずるずると引き離されていく。残り4分、秋田ベンチは2−15と13点ビハインドとなった所でタイムアウトを取って立て直しを図る。タイムアウトあけ、ミスから茨城の得点を許すが、#9白濱が何とかジャンプショットを沈める。これをきっかけに畳み掛けたかった秋田だが、その後が続かない。秋田は4−21と17点を追って残り2分となる。アウトサイドが低調な秋田は、パスからノーマークを作り、#55谷口がベリメーターを沈める。さらに茨城のファールで得たフリースローから加点する。しかし、茨城も#7リカートがフリースローで入れ返し、茨城ペースで1Qが終わる。秋田は9−23と14点ビハインドで2Qへ。

2Q立ち上がり、秋田はディフェンスで茨城のミスを誘うがオフェンスにつなげられない。茨城は秋田ディフェンスを攻略できず、シュートに持ち込めない。秋田はインサイドにボールを入れ、#11スパイクスがしぶとく押し込む。しかし、茨城に速い展開に持ち込まれ、#24ウォーレンにドライブを許す。秋田は11−25と14点ビハインドのまま中盤を迎える。中盤、秋田はリバウンドで競り負け、茨城#34マドゥアバムにダンクを叩き込まれるが、すぐに、#11スパイクスがダンクでお返しする。秋田のオールコートプレスが機能し始め、#11スパイクスのゴール下、#17中山のジャンパーが生まれ流れを呼び込む。秋田は、17−28と11点差に詰め寄ってオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田はセカンドチャンスから#32フィッツパトリックがゴール下から押し込むと、今度は3ポイントを射抜く。秋田は22−28と6点差とする。ディフェンスから一気の持ち込み、#32フィッツパトリックが押し込み、さらに詰め寄る。茨城はアウトサイドがリングに弾かれる。残り2分44秒、24−28と4点差に詰め寄られた茨城はタイムアウトを取って秋田に傾いた流れを断ち切ろうとする。タイムアウトあけ、秋田は#17中山のインサイドアウトから#9白濱が3ポイントを射抜く。さらに#34小野寺のジャンプショットが続き、29−28とようやく茨城をとらえる。茨城は秋田ディフェンスのプレッシャーに苦しむが、#24ウォーレンがアウトサイドから攻める。秋田も#5田口が3ポイントを沈め、ともに譲らない。最終盤、秋田は茨城#24ウォーレンにオフェンスリバウンドを許してしまい、再び逆転を許す。秋田は32−33と1点ビハインドで3Qへ。

3Q序盤、茨城は#25平尾がドライブを仕掛けるが、秋田も#34小野寺がミドルレンジを攻める。茨城のセットオフェンスに対するディフェンスが甘くなり、秋田は茨城#25平尾にドライブを許してしまい、茨城が僅差のリードを守る。秋田は34−38と4点ビハインドで中盤に入る。中盤、リバウンドに競り勝つ秋田だが、フィニッシュまでは持ち込めず、歯がゆい時間帯となる。秋田は#17中山のディフェンスが冴え、スティールからひとりでレイアップに持ち込む。さらに#19徳永のインサイドアウトから#17中山が3ポイントを射抜き、39−38と逆点に成功する。茨城は秋田ディフェンスを攻略できず、決定力を欠く。秋田は#32フィッツパトリックのミドル、#19徳永のスティールからのレイアップと畳み掛ける。秋田は残り3分半で43−38とリードを5点に広げる。流れを呼び込めない茨城はタイムアウトを取って立て直しを図る。タイムアウトあけ、茨城にイージーシュートミスが生まれると、秋田は#19徳永がドライブを仕掛けて、茨城のファールを誘い、フリースローから加点する。秋田は46−40と6点リードで残り2分を迎える。秋田はディフェンスからリズムを作って、#19徳永がレイアップに持ち込む。しかし、集中力を欠くパスミスから茨城にイージーバスケットを許し、突き放すことができない。秋田は48−44と4点リードで4Qへ。

4Q序盤、秋田は#19徳永のスティールからパスをつないで#32フィッツパトリクがレイアップに持ち込む。秋田ディフェンスが次々に茨城のパスをカットすると、オフェンスも勢いづき、#17中山に3ポイントが生まれ、流れをつかむ。茨城は#7リカートのフリースローで応じ、何とかくらいつく。秋田は53−46と7点リードで中盤に入る。中盤、茨城は#25平尾がディフェンス突破し、ダブルクラッチを決める。秋田はミスから茨城に速い展開に持ち込まれ、じわじわと詰め寄られていく。残り5分半で秋田は53−53の同点とされる。秋田は55−55と同点のままオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田はオフェンスリバウンドをもぎ取って最後は#17中山がゴール下から押し込む。茨城も#25平尾のフリースローで応じ、57−57とともに譲らない。秋田はアウトサイドを軸に攻めるがリングに弾かれる。重い展開の中、スティールから#34小野寺がレイアップに持ち込むが、茨城もフリースローを確実に沈める。流れを呼び込みたい秋田は、セカンドチャンスから#5田口が3ポイントを沈める。しかし、茨城のインサイドを止めきれず、流れを呼び込めない。秋田は62−62と同点で終盤を迎える。残り1分45秒、秋田ベンチはタイムアウトを取ってオフェンスを組み立てる。タイムアウトあけ、秋田はパッシングからノーマークになった#34小野寺がトップから3ポイントを沈める。さらにピック&ロールからスペースを作って#34小野寺がミドルレンジを攻める。秋田は残り1分を切って、67−62とリードを5点とする。しかし、茨城も#24ウォーレンのフェードアウエイで追いかけ、勝負は最終盤までもつれる。秋田はパッシングからコーナーで待つ#34小野寺が体勢を崩しながらも3ポイントを放ち、これがきれいにリングに吸い込まれる。茨城はアウトサイドがリングに弾かれるが、#7リカートがゴール下でしぶとさを見せ、リングにねじ込む。残り18秒、70−66と4点リードの秋田はタイムアウトを取って、オフェンスを組み立てる。タイムアウトあけ、スローインからのオフェンスで、秋田は茨城にスティールからのレイアップを許してしまう。2点差に詰め寄った茨城は、残り3秒、逆転を狙って#14髙橋がコーナーから3ポイントを放つがリングに弾かれ、勝負あり。秋田は70−68で茨城に競り勝ち、ホーム連勝を飾った。

秋田は今季通算成績を17勝2敗とし、B2東地区首位。同地区2位の福島が群馬に敗れたため、ゲーム差が5に広がった。次節は9日(土)、10日(日)の両日、アウエイで同地区5位の青森と対戦する。

■秋田スターティング5
#2  水町亮介
#11 ナイジェル スパイクス
#17 中山拓哉
#31 高畠佳介
#91 佐藤浩貴

■茨城ロボッツスターティング5
#14 髙橋祐二 
#17 佐々木 瑛
#25 平尾充庸
#27 眞庭 城聖
#34 チュクゥディエベレ マドゥアバム

(2017年12月03日)

過去の記事一覧

秋田朝日放送トップページ 無断転用・転載禁止 素材提供:© B.LEAGUE