堅守が攻撃リズム生み快勝 秋田88ー69茨城

  • 画像1
  • スタッツはコチラ

■日時
2017年12月2日(土)18:00

■会場
CNAアリーナ★あきた(2137人)

■試合結果
秋田88ー69茨城

1Q秋田14ー15茨城
2Q  32ー16
3Q  28ー23
4Q  14ー15

1Q開始早々、秋田は#17中山のロングパスを受けた#11スパイクスがアリウープを決める、しかし、茨城も#7リカートが落ち着いてゴール下をこじ開け、譲らない。4−4の同点の場面から茨城は#25平尾がミドルレンジを攻めてリードを奪うが、秋田は#11スパイクスがリバウンドに競り勝ってワンハンドダンクを叩き込む。秋田は6−6の同点で中盤を迎える。中盤、秋田ディフェンスが機能しはじめ、オフェンスへとつなげるが秋田は決定力を欠く。その隙に茨城は#7リカートがアタックを仕掛けねじ込む。秋田は#55谷口がインサイドでボールをもらってファールを誘い、フリースローから加点する。秋田はアウトサイドがリングに弾かれ、流れを呼び込めない。しかし、茨城のミスにも助けられ、残り3分半で11−10とリードを奪う。内外の決定力を欠く茨城だが、#7リカートが冷静にフリースローを沈めて、秋田に流れを渡さない、秋田は11−12と1点ビハインドで終盤を迎える。終盤、ともにミスからオフェンスの形を作れず、得点がない。秋田はオフェンスリバウンドを得るものの、決定力を欠く。最終盤、茨城は#27眞庭が3ポイントを射抜くが、秋田も#19徳永3ポイントを入れ返し、1Qを終える。秋田は14−15と1点ビハインドで2Qへ。

2Q序盤、茨城は#17佐々木が秋田ディフェンスの隙を見逃さず、果敢にアタックを仕掛ける。秋田は#9白濱がジャンプショットを沈めると、今度は#5田口のスティールからレイアップに持ち込む。流れを呼び込んだかに見えた秋田だったが、茨城は#24ウォーレンが冷静にアウトサイドを攻める。秋田は21−22と1点ビハインドのまま中盤を迎える。中盤、秋田はリバウンドから速い展開に持ち込み、#5田口が簡単に押し込む。しかし、茨城のインサイドを止められず、僅差の展開が続く。秋田は#34小野寺がリバウンドを拾って押し込むが、リバウンドから茨城に一気に走られてしまう。秋田は25−26と1点ビハインドのままオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田はセカンドチャンスを活かし、#17中山がアタックを仕掛ける。さらにインサイドアウトから#31高畠が3ポイントを沈め、30−26とリードを奪う。さらに#17中山のディフェンスが茨城にミスを誘い、勢いづく秋田に#31高畠、#34小野寺の3ポイントが生まれる。秋田は36−28と8点リードで終盤を迎える。終盤、秋田ディフェンスに苦しむ茨城は得点が止まる。秋田は#32フィッツパトリックのゴール下、#17中山のフリースローと畳みかけ、リードを広げていく。残り1分を切って秋田は44−28とリードを16点に広げる。最終盤、秋田は#17中山がインサイドに切れ込んでレイアップを沈める。秋田ディフェンスを崩せない茨城だが、#24ウォーレンが苦しみながらもコーナーから3ポイントを射抜く。秋田は46−31と15点リードで3Qへ。

3Q序盤、茨城は#7リカートにボールを入れ、パワプレーで押し込み、これがカウントワンスローとなる。一方、秋田も#5田口のアシストを受けて、ゴール下の密集から#11スパイクスがダンクを叩き込む。リバウンドで競り負ける秋田はセカンドチャンスを許すも、茨城はインサイドの決定力を欠く。秋田はセットプレーからピック&ロールを使って、アタックを仕掛ける。開始2分40秒で、秋田のチームファールが5つとなり、茨城はフリースローから加点する。秋田は52−36と16点リードで中盤に入る。中盤、秋田はインアウトインとパスを回して、#11スパイクスがゴール下を攻める。茨城#25平尾がアウトサイドを攻め、秋田を追いかける。茨城がイージーショットを外すと、秋田は#55谷口が内外を攻め分け、リードを広げる。茨城もフリースローから得点するが、秋田もすぐに応じ、優勢が続く。秋田は63−43とリードを20点として終盤に入る。終盤、秋田の激しいプレッシャーがファールとジャッジされ、茨城はフリースローを得る。秋田はディフェンスをソフトにすることはなく、茨城のミスを誘ってオフェンスにつなげていく。茨城はフィールドゴールがなく、フリースローから加点するが、勢いがない。秋田は落ち着いてオフェンスを組み立て、#9白濱、#19徳永が立て続けに3ポイントを沈める。秋田は74−54と20点リードで4Qへ。

4Q序盤、茨城はインサイドにボールを入れて秋田のファールを誘う。秋田はパスミスが続き、本来のオフェンスを組み立てられない。秋田は開始1分45秒で74−60と茨城に詰め寄られる。秋田は4つ目のファールを宣告された#11スパイクスをベンチに下げ、オンザコート1で臨む。流れを呼び込めない秋田は無得点が続き、74−62と12点差に詰め寄られて中盤に入る。中盤、秋田は#55谷口がリバウンドに競り勝って、最後は#32フィッツパトリックが丁寧に押し込む。茨城は秋田のファールを誘ってフリースローから追いかける。秋田は#17中山のスティールから#5田口が押し込む。さらに#32フィッツパトリックのドライブ、#17中山の3ポイントが続き、一気に流れを押し戻す。秋田は83−63と再び20点リードとしてオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田はディフェンスで茨城のミスを誘い、流れを渡さない。秋田は立て続けに茨城ボールをスティールし、速い展開に持ち込む。オフェンスを組み立てられない茨城は得点が伸びない。秋田は88−65と23点リードで残り2分を迎える。秋田ディフェンスを攻略できない茨城は、内外を攻めるも大量リードに守られた秋田が勝利を引き寄せた。秋田は88−69で茨城を下した。

■秋田スターティング5
#2  水町亮介
#5  田口成浩
#11 ナイジェル スパイクス
#17 中山拓哉
#91 佐藤浩貴

■茨城ロボッツスターティング5
#7  リック リカート
#14 髙橋祐二 
#17 佐々木 瑛
#25 平尾充庸
#27 眞庭 城聖

(2017年12月02日)

過去の記事一覧

秋田朝日放送トップページ 無断転用・転載禁止 素材提供:© B.LEAGUE