攻守低迷 4Qに突き放し勝利 秋田67ー52岩手

  • 画像1

■日時
2017年11月11日(土)16:00

■会場
北上総合体育館(1457人)

■試合結果
秋田67ー52岩手

1Q秋田17ー15岩手
2Q  20ー13
3Q   9ー15
4Q  21ー 9

1Qのファーストオフェンス、岩手は秋田ディフェンスに苦しみ、インサイドにボールが入らない。秋田はきっちりインサイドにボールを入れて#55谷口が押し込み先制する。さらにパッシングから#55谷口が3ポイントを射抜くと、#32フィッツパトリックがリバウンドをティップする。秋田は7−0とリードを奪い、主導権を握る。残り5分40秒で、秋田のチームファールが4つを数えるが、岩手は秋田ディフェンスを崩せず、得点がない。岩手ベンチはタイムアウトを取って立て直しを図る。タイムアウトあけ、岩手は#68永田が入れ返すと、秋田のミスを誘って#13小原が一気に走ってレイアップを沈めて追いかける。さらに#22マゴーイのインサイドで勢いづくが、秋田も#17中山がゴール下を切り裂き、押し込む。秋田は13−6とリードを7点とする。しかし、岩手は#5千葉がフリースローを確実に沈め、簡単に流れを渡さない。フィニッシュに苦しむ秋田は流れを呼び込めず、岩手がペースを握って終盤に入る。15−12と3点差に詰め寄られた終盤、秋田はミスからイージーバスケットを許して1点差に詰め寄られる。苦しむ秋田は#2水町のドライブで何とかリードを保つ。秋田は17−15と2点リードで2Qへ。

2Q立ち上がり、秋田は#5田口から#11スパイクへとボールが渡り簡単に押し込むと、#2水町が岩手のミスを見逃さず、レイアップに持ち込む。岩手はオフェンスの組み立てがままならず、リズムが悪い。秋田は24−18とリードを広げて中盤に入る。中盤、インサイドを封じられた岩手は#22マーゴイがアウトサイドを攻め、秋田を追いかける。秋田ベンチはタイムアウトを取って、流れを断ち切ろうとする。タイムアウトあけ、秋田は#11スパイクスがゴール下を攻めるがシュートに持ち込めない。岩手は、#0藤江がアウトサイドを攻めると、攻守に渡って集中力を欠く秋田は岩手#68永田にゴール下を許す。秋田は24−24と同点にされオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田は#55谷口をコートに送り、オンザコートワンで臨む。秋田はリバウンドから速い展開に持ち込み、#32フィッツパトリックがゴール下を攻める。さらにセカンドチャンスから#9白濱がゴール下から簡単に押し込む。秋田は30−26と4点リードで終盤に入る。終盤、イージーショットミスが目立つ秋田は岩手を突き放せない。中々、流れを呼び込めない秋田だったが、#9白濱がスティールからレイアップに持ち込み、チームを鼓舞する。岩手ベンチはタイムアウトを取って流れを断ち切ろうとする。タイムアウトあけ、シュートセレクションに苦しむ岩手は#12鈴木がアウトサイドを攻めるがリングに弾かれる。秋田は#11スパイクスがルーズボールを拾ってリングに押し込む。秋田は37−28と9点リードで3Qへ。

3Q出だし、岩手はパスが良く回り#10菅澤が幸先よく3ポイントを沈めると、#0藤江の3ポイントも続き、開始1分過ぎで3点差に詰め寄る。秋田はアウトサイドの精度を欠き、リバウンド争いでファールを宣告され、出だしのリズムを作ることができない。しかし、ディフェンスからオフェンスへとつなげると、#55谷口がインサイドでフックショットを沈める。流れを呼び込みたい秋田だが、ディフェンスの隙をつかれ、簡単にゴール下を攻められる。秋田は39−36と3点リードで中盤に入る。中盤、秋田はインサイドを軸に組み立て#55谷口が押し込むが、その後が続かない。岩手もチャンスを作るものの決定力を欠く。秋田はリングに向き合うプレーがなく苦しむ中、#55谷口がゴール下にダイブし、フリースローから加点する。秋田は43−36とリードを7点として終盤に入る。終盤、オフェンスに組み立てに苦しむ岩手だが、#12鈴木がしぶとく3ポイントを沈めて、食らいつく。秋田は44−39と5点リードで残り2分を迎える。高さで劣勢となる岩手はアウトサイドを攻めるが、決定力を欠く。秋田は#2水町がディフェンスをかいくぐってゴール下に潜り込む。岩手も#8桝田がドライブから入れ返し、秋田は僅差の展開から抜け出せない。3Qを9得点に抑え込まれた秋田は46−43と3点差に詰め寄られて4Qへ。

4Q立ち上がり、岩手は#22マゴーイがゴール下を攻めてファールで得たフリースローをきっちり沈め、46−45と1点差に詰め寄る。秋田は#5田口の3ポイントがリングに弾かれ、出だしの勢いがない。岩手ディフェンスを巡って、秋田ベンチに2度のテクニカルファールが宣告され、ジョゼップ・クラロス・ヘッドコーチは退場処分、岩手にフリースローが与えられる。秋田は開始45秒で46−47と岩手に逆転を許す。岩手はゾーンディフェンスを敷くが、秋田はリバウンドに競り勝って#32フィッツパトリックが押し込む。さらに#19徳永がミドルレンジを攻めて50−47とリードを3点として中盤に入る。中盤、内外を攻める秋田だが、決定力を欠き、流れを呼び込めない。岩手も秋田ディフェンスを崩せず、組み立てに苦しむ。秋田は54−50と4点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田はセカンドチャンスから#32フィッツパトリックがフェードアウエイを決める。岩手は、#22マゴーイがドライブを仕掛け、フリースローから追いかける。秋田は56ー52と4点リードで終盤に入る。終盤、秋田はエンドライン際のボール奪い合いから#19徳永が押し込み、リードを6点とする。強引なプレーが目立つ岩手だが、秋田もチャンスを自らのミスで逃す。秋田は#32フィッツパトリックがインサイドでディフェンスを引き付け、#11スパイクスのゴール下を演出、秋田は残り1分15秒で、61−52とリードを9点とする。岩手ベンチはタイムアウトを取って、オフェンスを組み立てる。タイムアウトあけ、岩手は#0藤江が3ポイントを放つがリングに弾かれる。岩手のディフェンスがソフトになったのを秋田は見逃さず、#32フィッツパトリックが冷静にゴール下からねじ込み、リードを広げる。岩手はファールでフリースローを秋田に献上し、反撃の芽を摘み取られる。秋田は67−52で岩手を下した。

■秋田スターティング5
#5  田口成浩
#9  白濱僚祐
#19 徳永林太郎
#32 トアーリン フィッツパトリック
#55 谷口大智

■岩手スターティング5
#0  藤江建典
#10 菅澤紀行
#13 小原良公
#22 ジャーレン マゴーイ
#68 永田晃司

(2017年11月11日)

過去の記事一覧

秋田朝日放送トップページ 無断転用・転載禁止 素材提供:© B.LEAGUE