堅守で出だしに圧倒 3連勝 秋田85ー60東京Z

  • 画像1

■日時
2017年10月7日(土)14:00

■会場
大田区総合体育館(2044人)

■試合結果
秋田85ー60東京Z

1Q秋田20ー 5東京Z
2Q  20ー16
3Q  28ー17
4Q  17ー22

1Q立ち上がり、秋田は#17中山がトップから3ポイントを射抜いて口火を切る。東京は秋田ディフェンスを前にインサイドを封じられ、組み立てに苦しむ。激しいプレスがファールとジャッチされ、秋田は開始1分半で3つ目のファールを犯す。東京を無得点に抑える秋田だが、ハーフコートオフェンスでのシュートセレクションに苦しみ、得点がない。秋田は3−0と3点リードで中盤に入る。中盤、インサイドで優位に立つ秋田だが、イージーショットを外してしまう。チームファールが5つとなった秋田は、東京Zにフリースローからの得点を許す。秋田はインサイドアウトから#55谷口がジャンプショットを沈めるが、東京Z#35高山に入れ返され、僅差の展開が続く。秋田は開始4分半で7−4とリードを3点とする。秋田は#17中山の組み立てから#5田口が3ポイント射抜くと、ディフェンスからアウトナンバーを作ってリードを広げる。秋田は残り4分40秒で12−4とリードを8点とする。東京Zはタイムアウトを取って立て直しを図る。タイムアウトあけ、東京はアウトサイドから攻めるがリングに弾かれると、秋田は#19徳永、#5田口ががアウトサイドから攻める。秋田は17ー5と12点リードで終盤に入る。終盤、東京Zは良い形を作るものの、決定力を欠く。秋田は#2水町がドライブを仕掛け、フリースローを得る。さらに#5田口が冷静にディフェンスをかわしミドルレンジから攻めてリードを広げる。秋田は20−5と15点リードで2Qへ。

2Q立ち上がり、秋田は#9白濱のスティールからオフェンスにつなげ、#43コールビーがゴール下を攻める。東京Zもアウトサイドから入れ返すが、秋田は#2水町がミスマッチをついてインサイドを攻めていく。内外の決定力に勝る秋田が29−8とリードを21点に広げ、中盤に入る。中盤、東京Zはアウトサイドからの単調な攻めが続き、勢いがない。秋田もミスからシュートに持ち込めず、停滞する時間が生まれる。しかし、#17中山がスティールからひとりで持ち込んでレイアップを沈め、東京Zに流れを渡さない。秋田は31−9と22点リードでオフィシャルタイムアウトに入る。タイムアウトあけ、秋田はディフェンスが機能し、東京Zにオフェンスを組み立てさせない。しかし、ディフェンスからオフェンスへとつなげることが出来ず、得点が伸びない。ともに雑なプレーが目立ち、攻守に精彩を欠く。終盤、東京Zは#41ボイキンが3ポイントを射抜いてチームを鼓舞する。攻守のリズムを欠く秋田はタイムアウトを取って立て直しを図る。タイムアウトあけ、秋田は#17中山の組み立てから#19徳永が3ポイントを決めるが、すぐに東京Z#14柏倉に入れ返され、一進一退が続く。東京Zはリバウンドから速い展開に持ち込み、流れを引き寄せる。しかし、秋田も#32フィッツパトリックがディフェンスを切り裂いてダンクを叩き込むと、#2水町から#17中山へのコンビネーションが決まり、流れを断ち切る。秋田は40−21と19点リードで3Qへ。

3Q立ち上がり、東京Zは秋田ディフェンスに押しつぶされると、秋田は#11スパイクスがゴール下から難なく押し込む。さらにゴール下の密集でファールを受けた#11スパイクスがフリースローを得て、リードを広げる。秋田ディフェンスに苦しむ東京Zはシュートに持ち込めず得点がない。この隙に秋田は#9白濱が3ポイントを確実に射抜く。東京Zも#1増子が3ポイントを射抜くが、秋田は#55谷口が3ポイントを入れ返す。秋田は49−24とリード25点として中盤に入る。中盤、東京Zはフリースローを得るが決めきれない。秋田はセカンドチャンスから#34小野寺がドライブを仕掛けると、#55谷口が3ポイントを沈める。秋田は開始5分で57−29とリードを28点とする。東京Zは攻め手を欠きリズムを作ることができない。秋田の65−31と大量リードのまま、終盤に入る。終盤、東京Zは#35高山が3ポイントを沈めるが、秋田も#5田口がトップから3ポイントを入れ返し、流れを渡さない。秋田は東京Zにフリースローからの得点を許すが、優勢のままゲーム3Qを終える。秋田は68−38と30点リードで4Qへ。

4Q序盤、東京は#33西山がアウトサイドからしぶとく沈めると、#20秋葉もこれに続く。秋田は3連続得点を許し、開始1分半で69−45と詰め寄られる。秋田は#19徳永から#11スパイクスへとパスが渡り、#11スパイクスがワンハンドダンクを叩き込む。さらに#43コールビーのゴール下で東京Zに傾いた流れを断ち切る。秋田は73−45として中盤に入る。中盤、東京Zはアウトサイドを軸に組み立てると、秋田のミスに乗じて#33西山がレイアップに持ち込む。秋田もセカンドチャンスを活かして#32フィッツパトリックがドライブを仕掛ける。しかし、パスコミュニケーションミスから東京Zにイージーバスケットを許してしまい、流れを失う。秋田ベンチはタイムアウトを取って立て直しを図る。タイムアウトあけ、秋田は#2水町の組み立てから#9白濱がゴール下をえぐると、#17中山のリバウンドから#32フィッツパトリックが押し込む。落ちつきを取り戻した秋田は79−51と28点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田は#43コールビーが東京Zのインサイドを封じ、一気に攻め込んでいく。秋田の猛攻に東京Zはなす術がない。秋田は85−53とリードをさらに広げて終盤に入る。終盤、パスミスが目立ち始めた秋田は東京Zにイージーバスケットを許してしまう。しかし、大量リードに守られた秋田は85−60で東京Zを下し、開幕からの連勝を3とした。

■秋田スターティング5
#17 中山拓哉
#31 高畠佳介
#34 小野寺翔太
#43 カディーム コールビー
#55 谷口大智

■東京Zスターティング5
#1  増子 匠
#5  リッチモンド ヴィルデ
#14 柏倉哲平
#20 秋葉真司
#35 高山師門

(2017年10月07日)

過去の記事一覧

秋田朝日放送トップページ 無断転用・転載禁止 素材提供:© B.LEAGUE