堅守からリズム インサイド制す 秋田66ー48仙台

  • 画像1

■日時
2017年4月15日(土)18:00

■会場
カメイアリーナ仙台(2081人)

■試合結果
秋田66ー48仙台

1Q秋田14ー17仙台
2Q  20ー 5
3Q  16ー12
4Q  16ー14

秋田は#2水町が右太ももの怪我のため、ベンチ登録から外れ、仙台も#3石川、#41ホワイトが怪我のため、ベンチ登録から外れた。秋田は前節に怪我から復帰した#9白濱を5ゲームぶりにスターターに起用した。オンザコートはともに1−2−1−2。

1Q立ち上がり、秋田はスターター復帰の#9白濱がドライブを仕掛けると、リバウンドから#3安藤が一気に走り込む。仙台はインサイドを選択し、#15ネパウエがしぶとく押し込み、僅差の展開となる。秋田は5−6と1点を追って中盤に入る。中盤、仙台は#9熊谷がミドルレンジから攻めると、秋田も#55谷口が3ポイントを入れ返す。インサイドにボールが入らない秋田はやや単調な攻めが続くと、仙台は#5柳川に3ポイントが生まれ、秋田が引き離されていく。秋田は残り4分で8−15と7点ビハインドとなる。追いかける秋田は#17中山のインサイドアウトから#55谷口がディフェンスをかわしてジャンパーを沈める。ゴール下では#5田口がしぶとく押し込み、仙台に詰め寄る。秋田は12−15と3点ビハインドで終盤に入る。終盤、秋田は#55谷口がリバウンドに競り勝ってリングに押し込む。仙台はシュート精度を欠き、得点が伸びない。秋田はシュートミスやキャッチミスが出て、徐々に勢いを失い、仙台をとらえきれない。秋田は14−17と3点を追って2Qへ。

2Q序盤、仙台はアウトサイドを攻めるがリングに弾かれる。追いかける秋田もミスからシュートに持ち込めず、リズムを作ることが出来ない。秋田は#13モリソンが仙台#15ネパウエとのマッチアップから力強くアタックすると、#30ラベネルのゴール下も生まれ、開始2分で逆転に成功する。仙台はシュートセレクションに苦しみ、得点がない。秋田はオフェンスリバウンドから#30ラベネルが落ち着いて押し込み、20−17とリードを3点とする。仙台はブレイクからファールを受けた#33楯がフリースローを2本沈める。秋田はインサイドを軸に徹底的に組み立て、リードを守る。秋田はリバウンドからブレイクに持ち込んで#22ライオンズがフリースローを得るが、1本しか決まらない。秋田は23−19と4点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田はセカンドチャンスを活かし、#13モリソンがゴール下を攻める。さらに仙台のミスを誘って、一気に走って、#17中山がミドルレンジから攻める。残り3分25秒、秋田は27−19とリードを8点に広げる。仙台は堪らずタイムアウトを取って、立て直しを図る。タイムアウトあけ、秋田は#3安藤が一気に持ち込んで、#13モリソンのゴール下を演出する。仙台は、#91片岡がドライブを仕掛けてフリースローを得て、きっちり2本沈める。しかし、秋田も#13モリソンがゴール下から入れ返し、仙台に流れを渡さない。仙台は秋田ディフェンスの前にフィールドゴールが封じられ、秋田ペースのまま2Qを終える。秋田は34−22と12点リードで3Qへ。

3Q序盤、秋田は#13モリソンから#5田口へのコンビネーションが決まる。仙台はミスが続いてシュートに持ち込めない。秋田もシュート精度を欠くと、仙台は#9熊谷がアタックを仕掛け、カウントワンスローとなる。秋田はしつこい仙台ディフェンスに冷静さを欠く不用意なファールが生まれる。秋田は36−26と仙台に詰め寄られて、中盤に入る。中盤、秋田はリバウンドから仙台にアーリーオフェンスに持ち込まれ、リズムを作ることが出来ない。仙台はフリースローからじわじわと詰め寄っていく。秋田は開始4分で36−28とリードを8点とする。秋田はシュートセレクションが悪く、得点がない。苦しい秋田だが、ゴール下で#17中山がリバウンドを拾って冷静に押し込み、仙台に傾いた流れを断ち切る。秋田は#9白濱のドライブ、#22ライオンズのゴール下と畳みかけ、リードを広げる。秋田は42−28とリードを14点に広げ、終盤に入る。終盤、ボールを運ぶ#17中山にプレッシャーをかけて、立て続けにボールを奪い、一気に攻め込む。秋田はタイムアウトとって、仙台に傾いた流れを断ち切ろうとする。タイムアウトあけ、秋田は#5田口のインサイドアウトから#55谷口が3ポイントを沈めると、#3安藤のカットインも続き、再び流れを呼び込んで仙台を突き放す。秋田は50−34とリード16点に広げて4Qへ。

4Q序盤、仙台は#15ネパウエがゴール下を攻めて、フリースローから得点する。秋田は内外のシュート精度を精度を欠き、得点がない。押し込まれる秋田は、仙台#44マンガーノのインサイドを許し、開始2分50秒で50−40と10点差に詰め寄られる。秋田ベンチはタイムアウトを取って仙台に傾いた流れを断ち切ろうとする。タイムアウトあけ、秋田は#13モリソンをコートに送り、その#13モリソンが立て続けにリングに押し込み、再び流れを呼び込む。仙台は#15ネパウエがミドルレンジから攻める。秋田は仙台#15ネパウエのゴール下を封じると、#22ライオンズが一気に持ち込んでボースハンドダンクを叩き込む。秋田は56−42と14点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田はバックコートバイオレーションになると思われたボールを#17中山がフロントコートに戻す。手薄になった仙台ディフェンスを見逃さず、#5田口がコーナーからきれいに3ポイントを射抜き、チームを勢いづける。仙台は秋田ディフェンスを崩せず、ミスが生まれると、秋田は#22ライオンズが冷静にジャンパーを沈める。秋田は61−44とリードを広げて終盤に入る。終盤、秋田ディフェンスの連動が仙台にオフェンスの組み立てを許さない。秋田は#22ライオンズがドライブを仕掛け、フリースローから得点する。追いかける仙台はミスを重ねてしまい、シュートに持ち込めない。秋田は時間を使ってゲームを組み立て、#22ライオンズがフェードアウエイを沈め、勝利を確実にする。秋田は66−48で仙台を下し、連敗を3で止めた。

■秋田スターティング5
#3  安藤誓哉
#5  田口成浩
#9  白濱僚祐
#13 スコット モリソン
#55 谷口大智

■仙台スターティング5
#4  志村雄彦
#6  菊池真人
#9  熊谷 宜之
#15 チリジ ネパウエ
#91 片岡大晴

(2017年04月15日)

過去の記事一覧

秋田朝日放送トップページ 無断転用・転載禁止 素材提供:© B.LEAGUE