苦しみ抜いた末の1点差勝利 秋田74ー73滋賀

  • 画像1

■日時
2017年2月5日(日)14:00

■会場
ウカルちゃんアリーナ(1684人)

■試合結果
秋田74ー73滋賀

1Q秋田18ー13滋賀
2Q  15ー17
3Q  11ー16
4Q  30ー27

オンザコートはともに2−1−1−2。

1Q序盤、滋賀は#13菅原の技ありのフローターで先制すると、秋田は#23スティーブンス、#13モリソンがゴール下を攻める。滋賀はインサイドにボールを入れて秋田のファールを誘い、フリースローから得点する。開始3分で、6−4と僅差の展開が続く。中盤、滋賀は#33ブラッキンズがリバウンドに競り勝って力強く押し込む。秋田も#9白濱のアタックで応じ、譲らない。残り4分半で11−10と主導権争いが終盤まで続く。終盤、パッシングが冴える滋賀だが、アウトサイドの決定力を欠く。秋田は#3安藤のフローター、3ポイントが決まり、残り1分半を切って16−10とリードを奪う。滋賀も#34狩野が3ポイントを入れ返し、流れを押し戻す。秋田は18−13と5点リードで2Qへ。

2Q序盤、ともにアウトサイドのシュート精度を欠き得点がない。重い展開の中で、秋田は#2水町がディフェンスでハッスルし、チームを鼓舞する。#2水町は体勢を崩しながらも、#5田口にアシストパスを出し、コーナーからの3ポイントを演出する。秋田は開始3分で21−14とリードを7点とする。中盤、滋賀は#13菅原の3ポイントが決まると、#34狩野もこれに続く。秋田も#3安藤がドライブを仕掛け、滋賀に傾いた流れを断ち切る。秋田は23−20と3点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田は#55谷口がトップから3ポイントを沈める。インサイドではリバウンドに競り勝った#13モリソンがリングに押し込む。残り4分を切って、28−20と秋田がリードを8点とした所で、滋賀ベンチはタイムアウトを取る。タイムアウトあけ、滋賀は#33ブラッキンズがゴール下を攻め、じわじわと秋田に詰め寄っていく。残り2分40秒、秋田は#55谷口が相手選手との接触からコートに倒れ込み、一旦ベンチに下がる。秋田は#30ラベネルが1対1から技ありのフックショットを沈めると、#3安藤の3ポイントが続く。残り1分を切って、秋田は33−26とリードを守る。滋賀は#7並里がディフェンスを引きつけ、#32マブンガのインサイドを演出する。入れ返したい秋田だが、アウトサイドが決まらず、ディフェンスファールから滋賀にフリースローを与えてしまう。秋田は33−30と3点リードで3Qへ。

3Q序盤、滋賀はインサイドにボールを入れて、秋田のファールを誘い、フリースローから得点する。秋田はアウトサイドがリングに嫌われ、得点がない。滋賀は#6長谷川の連続3ポイントが決まり、一挙に流れを呼び込む。秋田は開始3分半で35−38と3点を追う。秋田ベンチはタイムアウトを取って立て直しを図る。タイムアウトあけ、秋田が決定力を欠く間に、滋賀はリバウンドから一気に持ち込み、速い展開に秋田ディフェンスが機能しない。秋田は残り5分を切って、37−42と5点を追う。秋田はディフェンスファールが重なり、攻守のリズムが悪い。しかし、リバウンドからオフェンスへとつなげ、#9白濱がジャンパーを沈めるが、この後が続かない。終盤、秋田がイージーショットミスを犯すと、滋賀は#23横江がアウトサイドから攻める。秋田は残り2分で40−46と6点を追う。苦しい秋田だが、ゴール下でファールを受けた#23スティーブンスがフリースローをきっちり決める。ディフェンスで滋賀の得点を阻止すると、秋田は#23スティーブンスがジャンパーを沈め、44−46と2点差に詰め寄り、3Qを終える。

4Q序盤、滋賀は#32マブンガが強引にインサイドを攻めると、秋田は#13モリソンのフリースローで応じる。秋田は#13モリソンがパワープレーから力強くリングに押し込み、48−48と同点とするが、すぐに滋賀に入れ返される。滋賀はインサイドの要、#33ブラッキンズがファールトラブルでベンチに下がると、#23スティーブンスがゴール下を攻める。開始3分で50−52と秋田は2点を追う。滋賀は#32マブンガが体勢を崩しながらもトップから3ポイントを射抜き、流れを呼び込む。秋田は#13モリソンがゴール下を攻め込み、必死に食らいつく。滋賀は#7並里が冷静にゲームを組み立て、滋賀の内外の得点を生み出し、残り5分20秒で、リードを9点に広げる。苦しい秋田だが、セカンドチャンスから#5田口が3ポイントを射抜き、56−61と5点を追ってオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウトあけ、秋田は#9白濱がゴール下をえぐると、ノーマークの#3安藤がゴール下から難なくリングに押し込む。60−61と1点差に詰め寄る秋田だが、滋賀のインサイドを止めきれない。秋田は62−66と4点を追って終盤に入る。秋田は#23スティーブンスがスピードに乗ったドライブを仕掛け、滋賀#33ブラッキンズをファールアウトに追い込む。さらに秋田#13モリソンは、滋賀のファールを誘ってフリースローを得る。残り2分、秋田は66−66の同点とする。滋賀は#3サンバがミスマッチをついてインサイドを攻めて、カウントワンスローを得る。3点を追う秋田は#23スティーブンスが冷静にジャンパーを沈め、68−69と1点差に詰め寄る。滋賀は#32マブンガがファールを誘ってフリースローをきっちり沈めるが、秋田も#13モリソンがフリースローで入れ返す。滋賀は#3サンバがファールアウトとなり、インサイドが手薄になる。しかし、残り1分、滋賀は#7並里が果敢にインサイドにアタックを仕掛け、秋田は3点を追いかける。秋田ベンチはタイムアウトを取って、滋賀に傾いた流れを断ち切る。タイムアウトあけ、秋田は#13モリソンがアウトサイドのエアボールを奪ってリングに押し込む。秋田は残り47秒で、72−73と秋田は1点を追う。滋賀は時間を使ってオフェンスを組み立て、最後は#32マブンガに託すが、3ポイントはリングに弾かれる。逆転を狙う秋田は、#3安藤からインサイドの#13モリソンへとボールが渡る。#13モリソンはディフェンスに囲まれながらも、これをかわすように左手でレイアップを沈め、74−73と逆転に成功する。残り4秒、滋賀はタイムアウトを取って、再逆転を狙う。タイムアウトあけ、1点のリードを守りきりたい秋田だが、アタックを仕掛けた滋賀#32マブンガに対し、秋田#9白濱のディフェンスがファールと宣告され、残り1秒を切って、秋田は滋賀にフリースローを与えてしまう。2本決められれば、秋田が逆転負けという場面で、滋賀#32マブンガのフリースローは2本ともリングに弾かれ、勝負が決した。秋田は74−73と苦しみながらも勝利を手にし、連敗から抜け出した。

秋田は今季通算成績を9勝27敗とし、東地区最下位から5位に浮上。次節は、18日(土)、19日(日)にホームに中地区5位の横浜を迎える。

■秋田スターティング5
#3  安藤誓哉
#5  田口成浩
#9  白濱僚祐
#13 スコット モリソン
#23 ディショーン スティーブンス

■滋賀スターティング5
#6  長谷川智伸
#7  並里 成
#13 菅原洋介
#32 ジュリアン マブンガ
#33 クレイグ ブラッキンズ

(2017年02月05日)

過去の記事一覧

秋田朝日放送トップページ 無断転用・転載禁止 素材提供:© B.LEAGUE