ZENの最近のコラム記事

20170414.jpg 我が家の裏庭の梅がちらほら花をつけ始めた。桜の便りももうすぐ。ようやく春らしくなった。

 4月からの年度で区切る習慣があるこの国では、この時期、世の中の色々な枠組みが変わることが多い。具体的に身近な話で言えば、入学、入社、転勤、そして番組や出演者が変わったりする。理由はそれぞれあるのだろうが、「サタナビっ!」は、料理コーナーの出演者が1人新加入することを除けば、それほど変わることなく続いていく様子だ。とりあえず仕事が減らないみたいでホッとしている私。

 そして「一合一笑」である。県内の居酒屋で飲んで食べて馬鹿話をする恒例の企画だが、毎回ついつい飲み過ぎて、翌日体調を崩しがちで家族に心配される。まあ、調子に乗りやすい私自身の問題なのだが。

 前回それほど飲んだつもりではなかったのに所々記憶が怪しくなっていたので、今回はほんの少し「控え」たつもり。何しろ居酒屋に行く前に寄った酒蔵で試飲をたっぷりしてしまい、すでに「2軒目」という体になってしまっていたのだ。

 でも、にかほの地元の新鮮でうまい肴(さかな)を目の前にして結局おいしくいただいてきたのであった。


(朝日新聞秋田版 2017年4月14日掲載)