20170421.jpg AABで働き始め、この春で7年目になりました。振り返ってみると、あっという間なものです。それと同時に、秋田市での生活も7年目。人生の4分の1を秋田市で過ごしていることになりますが、昔から変わらないことが一つ。私、海をみると興奮するんです。

 生まれも育ちも大館市、周りを山に囲まれた生活でした。実家の近くにはスギ林、少し行くと山菜の宝庫......。

 そんな私にとって海は特別な場所。車で移動していて、海が見えるだけでワァー!とテンションが上がり、潮風の香りで表情が緩んでしまいます。早く、海の水に足をつけられる時期にならないものかと今からウズウズ。......泳ぎたいという発想にならないのはなぜなんでしょうね。

 とにかく、海はテンションが上がる場所、森はリラックスする場所、というのは、私にとっていつまでたっても変わらないようです。

 写真は先日、青森に遊びに行った時に撮影したものです。すました顔をしていますが、この後、カモメを追いかけて走り回りました。全ては海のせい、ということで。


(朝日新聞秋田版 2017年4月21日掲載)