2019/01/15

年越しはParty People | 新岡 智昭

12月30日と31日(正確に言えば1月1日も)、「カウントダウン・ジャパン」に行ってきました。千葉の幕張メッセで開かれた国内最大の年越し音楽フェスティバルです。念願叶って抽選に当たり、生まれて初めての参戦です。

思えば大学3年生の冬、合同企業説明会に行って以来の幕張メッセです。「ロック・イン・ジャパン」や「男鹿ナマハゲロックフェスティバル」など、野外フェスには度々参戦していますが、それとは違った雰囲気があります。光の演出がカッコいい!…ん?向こうの方に何やら大きなタイマーが…。

カウントダウンの時計でした。

いつもの年だと1日およそ4万7000人、4日間で18万人ほど(主催者発表)が来るというビッグイベント。年越しの瞬間は3人組ロックバンド・サンボマスターと共に迎えました。混雑の中、ホロ酔いで、やや汗をかきながら大声で「5!4!3!2!1!」なんて叫ぶのは人生初でしたが、案外楽しいものですね。

サンボマスターのステージが終わると、あのカウントダウン時計はカウントアップを始めていました。(写真がボケている…!)

インディーズ時代から応援しているロックバンド「BRADIO(ブラディオ)」のステージも、ほぼ最前列でしっかり楽しんできました。

午前2時半。フェスはまだまだ続いていますが、疲れが限界に達したため横浜の実家に帰ることにしました。午前6時に帰宅・就寝し、次に起きたのは夕方。ずっと参戦したいですが、それなりにスタミナが必要です。

TOPへ戻る

error: Content is protected !!