2019/02/04

吉田輝星フィーバーin沖縄 | 新岡 智昭

先週の木曜日からきのうまで、沖縄県に行ってきました。目的は言うまでもありませんが、吉田輝星投手をはじめとする日本ハム2軍キャンプの模様を取材するためです。沖縄本島の北端にある国頭村(くにがみそん)が舞台です。

2月1日のキャンプ初日、吉田投手が球場に入ってくるおよそ10分前に撮影した写真です。「吉田投手が動けばみんなが動く」といった具合で、この後50人くらいの報道陣に囲まれて吉田投手が球場入りしました。もろもろのお話はきょうの「トレタテ!」でたっぷりたっぷりお伝えいたしますのでお楽しみに。

さて…仕事とは言うものの、せっかくはるばる沖縄までやってきたのでご当地グルメもしっかり堪能してまいりました。

「ポークたまごおにぎり」という沖縄の新ソウルフードだそうです。外側から海苔、ご飯、たまご、ランチョンミートとサンドされています。トッピングはお店によって色々ありますが、僕は味噌とツナがお気に入りです。

こちらは沖縄の家庭で古くから愛飲されているという「かちゅー湯」です。たっぷりのかつお節と味噌を入れたお汁で、海苔やモズクを入れたりします。ホテルの朝食でいただいたのですが、赤味噌と白味噌が選べました。

沖縄名物・定番中の定番ですが…「海ぶどう」やっぱりおいしいですよね。一緒に取材に行った佐藤カメラマンも大好物で、毎日欠かさず食べていました。秋田に戻った今、さっそく恋しくなっています。

TOPへ戻る

error: Content is protected !!