2019/01/28

サミットは進化する | 新岡 智昭

おとといときのう「AAB冬フェスタ」が開かれました。特にきのうの午前は雪が降り積もる悪天候でしたが、それにもかかわらずたくさんの方にご来場いただきました。本当にありがとうございました!(上の画像は1日目の「トレタテ!トークショー」で僕が披露した某人気アニメのキャラクターのイラストです。)

話は変わりますが、今月19日、にかほ市象潟町の「にかほっと」で開かれた「環鳥海酒サミット2019」に行ってきました。秋田・山形から16の酒蔵が参加する大規模な利き酒のイベントです。日本酒がメインですが、ワインがあったりどぶろくがあったりと、バラエティーがとっても豊かです。

このイベントは今年で3回目、僕は2年連続の参加です。このようにおつまみも充実していて、お酒好きにはたまりません。しかし今年はある「変化」がありました。

去年は1300円(当日券1500円)で飲み放題でしたが、今年は回数券が登場。1束1000円(前売券12枚、当日券10枚)で1枚につき1杯飲めるというシステムになりました。「飲みすぎて大赤字になるのを避けるためか…?」と思ったのですが、会場にいらっしゃった市役所の方に聞くと、どうやらそういうワケではないようです。

いわく「のべつ幕無しに飲むのは利き酒とは言わない、チケットを1枚1枚、どのブースに使うか吟味することで利き酒ができる」とのことです。確かに去年は「飲み放題だから」と卑しくブースに並んでいたなぁ…反省反省。

TOPへ戻る

error: Content is protected !!