2018/09/19

ロサンゼルスの旅・その1 | 新岡 智昭

今月初めにかけての1週間、夏休みをいただきました。

貯めに貯めたマイルを使い、テイクオフ!

機内にて、隣の男性がとんでもなくハイテンションでした。僕がシートに座った途端「11 hours!」といきなり握手を求めてきたので、少々戸惑いながらも、「It’s a long journey.」と応じると「HAHAHA!」とお手本のような大笑い。

さらにスターウォーズをモニターで再生すると、「俺も大好きだ!最高だよな!」とテンションのギアを1段上げ、しばし魅力を語っていました。おかげでオープニングの前説(文字が下から上に流れるアレ)を見逃してしまいました。

何はともあれ大阪からおよそ11時間、ロサンゼルスに到着しました。四方八方でクラクションが鳴り、まるでアメリカ映画の中にいるみたいです。しばらく観察していて分かったのですが、どうやら怒っているわけではなく「近くにオレの車があるの気づいているかい?」というニュアンスでとりあえず鳴らしているように見えました。

空港から激しく揺れるバスに乗り…

ハリウッドの中心部へ。街の景色をなんとなく撮ってもオシャレに見える…歩いているだけでウキウキします。ちなみにこの日の最高気温は24℃。この時期のロサンゼルスはカラットしていて過ごしやすいみたいです。

宿泊費を抑えるため、バックパッカー御用達のドミトリーに泊まりました。6人の相部屋ですが、4泊でたったの145ドル!部屋からはアカデミー賞の授賞式会場でおなじみの「ドルビー・シアター」が見えます。旅の続きを書こうと思ったのですが、これ以上は長くなりそうなのでまた次回。

TOPへ戻る

error: Content is protected !!