2018/12/03

東由利のフランス鴨 苦節と栄光の30年 | 新岡 智昭

「あなたは、どんなアナウンサーになりたいですか?」就職試験で必ずと言っていいほど尋ねられます。学生時代はどう答えたらいいのか真剣に悩みました。アナウンサーを志す後輩にもよく相談されます。偽らざる本音を吐露すれば「なってみないと具体的には分からんわ!」ですが、そんなド直球なことはとても言えませんでした。

「取材した人の思いを広く伝えられるアナウンサーになりたいです。」22歳の僕が出した答えはこうでした。今になって思えば何とも抽象的な言い方です。それに正直に申し上げると、就職してから数年はその真意をきちんと理解していなかった気がします。全国の面接官の皆様、ごめんなさい!

ところで先月、東由利フランス鴨生産組合の金子拓雄さんを取材しました。金子さんがフランス鴨に出会ったのは30年前。今や押しも押されもせぬ秋田の特産品ですが、生産を始めた当初は融資がなかなか受けられなかったり、鴨が思うように育たなかったり、生産仲間が減ったり…色々、という言葉では決して済まないほどの苦労がありました。

「苦労した分は頑張るパワーに変えてきた。見返してやるという気持ちだった。」インタビューでは穏やかに語った金子さんの表情が印象的でした。苦節30年、若輩者の僕は想像してもしきれません。それでも「簡単にヘコたれてはいけないんだな…」と勇気づけられます。この想いを伝えたくて今回の特集を制作しました。伝えたいってこういうことなんだなぁ…と改めて感じた業界6年目の冬です。

東由利の人たち、支援者など約200人を集めた30周年記念パーティーに大変僭越ながら参加いたしました。終始祝福ムードに包まれた素晴らしい会でした。フランス鴨がおいしいことはもちろん、ここまで来られたのは金子さんの人徳に他ならないと感じます。

https://www.youtube.com/watch?v=2Kw3yq0mthQ

↑フランス鴨の特集、Youtubeにアップしています。

2018/11/27

本荘の珍百景 | 新岡 智昭

先日…とはいってもかなり前の話ですが、由利本荘市の鶴舞温泉に行ってきました。春はお花見の名所として知られる本荘公園の近くにある日帰り温泉施設です。すっかり温泉が恋しくなる季節になりました。(※個人的にはいつでも恋しがっています)

鶴舞温泉の駐車場から道路を挟んで向かいに、何やら気になる建物を発見しました。あまりの奇抜さに、温泉気分に勝る好奇心がフツフツと湧いてきます。

後で知ったのですが(というか建物の前にデカデカと書いてある)、テレビ朝日のナニコレ珍百景に「登録」されたのをはじめ、色々なメディアで紹介されたことがあるようです。

中に入ると、まさかの卓球場!

「へのへのもへじ」がたくさんいます。

オーナーの齋藤善郎さんが、冬場、本荘の浜辺にどこからか流れ着いてくる船のウキをせっせと集めてデコレーションして飾っているのです。(※1000個以上あるそうです)

 

ちなみに、齋藤さんは卓球がかなりお上手です。

素人の僕では全く歯が立ちませんでした。

2018/11/19

アオリイカ・4度目の挑戦で… | 新岡 智昭

テレビの業界用語に「撮れ高(とれだか)」というものがあります。撮影した映像の中で「放送で使えそう」という部分がどのくらいあるか、その度合いのことです。取材で思っていたよりも映像が撮れなかったりすると「撮れ高が足りぬ!」と震えたりします。

さて夜明け前、車で男鹿市内の某所へ。

朝晩はすっかり寒い季節です。

なぜそんな時間に起きているかというと…。

「イカ獲れ高」が最悪だからです。

いまだに0杯、今シーズン4度目の挑戦です。

1投目でエギ(疑似餌)をなくしました。

早くも心が折れそうになります。

釣れるのは海藻ばかり。

周りにはイカの墨跡が大量にあるのに…。

 

釣り開始から2時間。ヤツは突然現れました。

また海藻か、と引き上げると…。

 

まさかのタコ!なかなかグロテスク!

タコはこれからがシーズンだそうです。

ゆでタコ&アヒージョでいただきました。

(※イカはまだ釣れていません…)

2018/11/13

北の商都・小樽への旅(出張) | 新岡 智昭

前回の続きです。「北日本制作者フォーラム」の翌日、小樽に行きました。明治時代から北海道の経済の中心地として発展し、言わずと知れた人気観光地です。(前日は札幌市内で元気良く食い倒れていました)

商店街をブラブラして…

大正時代に作られたレトロな建物を見て…。JR札幌駅から快速電車を使えばわずか34分。車かバイクに乗って遠くに行くのも憧れますが、この気軽さも小樽の魅力ですよね。

小樽に来たのは高校2年生の修学旅行以来、11年ぶりです。それにしても記憶が曖昧で、街を歩いていても「こんなところに来たかなぁ」と思ってしまいます。どうしてだろう。

しかし、この美しい運河を見た瞬間、ハッキリと思い出しました。(ホントは少し前から分かっていた気もする)そうだ!修学旅行は失恋した直後に来たんだ…。友人にひとしきりイジられながら歩いたな…。「失恋しても寿司はうまいなぁ」なんて言ったっけな。

今だったら「飲んで忘れちまいな!」と笑い飛ばすところですが、当時はそういうワケにもいかず。どうやって立ち直ったのか、全く思い出せません。(陸上部だったので、たぶんひたすら走っていたと推測はできます)17歳の自分よ。時が経てば呑気にビールを飲めるのだから落ち込まないでくれ。バツの悪い過去は忘れる、人間は都合良くできている生き物なのだよ。

2018/11/05

あくまでも仕事です | 新岡 智昭

先月26日に訪れた札幌市、大通公園です。東西1.5キロにわたって広がる大きな公園で「さっぽろ雪まつり」の会場としても有名です。ちょうど紅葉が見頃でした。

このカッコいい建物は、北海道庁の旧本庁舎です。130年前に建てられ、80年間活躍しました。「札幌には何にもない…」と言う札幌人もいますが、とても素敵な街です。

何より食事がウマい!ホテルの朝食が豪華です。

もちろんラーメンもウマい!(※ほんの一例)

ジンギスカンもやっぱりウマい!

回らない寿司店…!言うまでもなくウマい!

ところで今回の目的は「北日本制作者フォーラム」に参加するためです。北海道と東北の民放&NHKによる番組コンテストで、ある作品を出品していたのです。70作品から19作品に絞られた2次審査でしたが、最終選考には進めませんでした。

隣にいるのは「サタナビっ!」の敏腕ディレクター・綿引部長です。結果は残念でしたが2人とも北海道旅行…いや出張を満喫しました。え?食事?それは健康で文化的な生活を満たすために大切なことですよ。

TOPへ戻る

error: Content is protected !!