2019/02/18

吉田輝星投手 実戦デビュー! | 新岡 智昭

…表題の通りですが、

今日の「トレタテ!」は吉田投手特集です。

ただいま絶賛編集中です。ぜひご覧ください。

「土曜のニュースで見たよ…」という方!

より詳しくお伝えするので、ぜひご覧ください。

「普段AABは見ないなぁ…」という方!

今日はぜひAABをご覧ください。

よろしくお願い申し上げます。(切実)

沖縄・国頭村での紅白戦を取材してきました。

到着直後、取材ができる喜びを体現しています。

前日の夜、藤林カメラマン(37)と英気を養っています。

ところで新岡(28)の目線が合っていません…。

「オッサンだなぁ」と言われそうですが、

自撮りの時、どこを見たらいいのか分からないのです。

元気に取材活動をするため、

海ぶどうを食べてパワーを蓄えます。

何はともあれ!

きょうの「トレタテ!」ぜひご覧ください。

2019/02/13

意外に読めない“温海”へ | 新岡 智昭

「熱い海」と書いて「あたみ」

静岡を代表する観光地の1つです。

では「温かい海」は…。

「あつみ」と読むのです。

ちなみに冷海という地名はありません。(新岡調べ)

海は冷たいのに、不思議ですね。

それはさておき、土曜・日曜・月曜と3連休をいただき、山形県鶴岡市の「あつみ温泉」に行ってきました。大正から昭和にかけて活躍した文人・横光利一も訪れたことがあるという創業300年以上の老舗温泉宿です。

今回の目的は…特になし!

あえて言うなら「休むこと」でした。

 

午後3時・・・入浴

午後4時・・・部屋でゴロゴロ

午後5時・・・入浴

午後6時・・・部屋でゴロゴロ

午後7時・・・夕食

午後9時・・・入浴

こんな感じでほとんど動きません。

部屋でいただくごはんって素敵ですよね。

贅沢するのもたまにはいいものです。

お風呂に入りすぎて、逆に疲れたような…。

2019/02/04

吉田輝星フィーバーin沖縄 | 新岡 智昭

先週の木曜日からきのうまで、沖縄県に行ってきました。目的は言うまでもありませんが、吉田輝星投手をはじめとする日本ハム2軍キャンプの模様を取材するためです。沖縄本島の北端にある国頭村(くにがみそん)が舞台です。

2月1日のキャンプ初日、吉田投手が球場に入ってくるおよそ10分前に撮影した写真です。「吉田投手が動けばみんなが動く」といった具合で、この後50人くらいの報道陣に囲まれて吉田投手が球場入りしました。もろもろのお話はきょうの「トレタテ!」でたっぷりたっぷりお伝えいたしますのでお楽しみに。

さて…仕事とは言うものの、せっかくはるばる沖縄までやってきたのでご当地グルメもしっかり堪能してまいりました。

「ポークたまごおにぎり」という沖縄の新ソウルフードだそうです。外側から海苔、ご飯、たまご、ランチョンミートとサンドされています。トッピングはお店によって色々ありますが、僕は味噌とツナがお気に入りです。

こちらは沖縄の家庭で古くから愛飲されているという「かちゅー湯」です。たっぷりのかつお節と味噌を入れたお汁で、海苔やモズクを入れたりします。ホテルの朝食でいただいたのですが、赤味噌と白味噌が選べました。

沖縄名物・定番中の定番ですが…「海ぶどう」やっぱりおいしいですよね。一緒に取材に行った佐藤カメラマンも大好物で、毎日欠かさず食べていました。秋田に戻った今、さっそく恋しくなっています。

2019/01/28

サミットは進化する | 新岡 智昭

おとといときのう「AAB冬フェスタ」が開かれました。特にきのうの午前は雪が降り積もる悪天候でしたが、それにもかかわらずたくさんの方にご来場いただきました。本当にありがとうございました!(上の画像は1日目の「トレタテ!トークショー」で僕が披露した某人気アニメのキャラクターのイラストです。)

話は変わりますが、今月19日、にかほ市象潟町の「にかほっと」で開かれた「環鳥海酒サミット2019」に行ってきました。秋田・山形から16の酒蔵が参加する大規模な利き酒のイベントです。日本酒がメインですが、ワインがあったりどぶろくがあったりと、バラエティーがとっても豊かです。

このイベントは今年で3回目、僕は2年連続の参加です。このようにおつまみも充実していて、お酒好きにはたまりません。しかし今年はある「変化」がありました。

去年は1300円(当日券1500円)で飲み放題でしたが、今年は回数券が登場。1束1000円(前売券12枚、当日券10枚)で1枚につき1杯飲めるというシステムになりました。「飲みすぎて大赤字になるのを避けるためか…?」と思ったのですが、会場にいらっしゃった市役所の方に聞くと、どうやらそういうワケではないようです。

いわく「のべつ幕無しに飲むのは利き酒とは言わない、チケットを1枚1枚、どのブースに使うか吟味することで利き酒ができる」とのことです。確かに去年は「飲み放題だから」と卑しくブースに並んでいたなぁ…反省反省。

2019/01/22

フェスの醍醐味 | 新岡 智昭

前回の続きです。千葉の幕張メッセで開かれた国内最大の年越し音楽フェスティバル「カウントダウン・ジャパン」に参戦してきました。ノーミュージックノーライフなパーティーピーポーの熱気で、真冬にもかかわらず会場はホッカホカでした。そして音楽以外にも楽しい仕掛けが盛りだくさんなのです。

照明のせいでいかがわしい雰囲気が漂っていますが、これは牛トロ丼です。そう、フェスといえばフェス飯が楽しみの1つです!会場に出店した飲食店のブースはなんと40以上。しかも電子マネーで支払いができるので、なんとなく気軽です。飲んでは食べ飲んでは食べ…危うく帰りの電車代まで使ってしまうところでした。

年越しそばのブースもあります。

行列に並んででも食べたくなりますよね。

なんとなんと、神社まであるのです。「幕張メッセに神社…?」と思われるかもしれませんが、どこかの由緒ある神社が出張しているそうです。詳しくは忘れました。

おみくじもあります。

大吉!そして神様からありがたいお告げが…!

あいみょん…ちょっと聴いてみようかな。

 

TOPへ戻る

error: Content is protected !!