2018/05/21

秋田市の山の幸! | 新岡 智昭

冬の間は「タンスの肥やし」ならぬ「駐車場の肥やし」と化していた僕のバイクです。秋田市もようやく暖かくなってきたので、久しぶりにツーリングを楽しみました。20歳の夏に意を決して購入し全国各地を走ってきた、相棒とも呼ぶべき大切な存在ですが、「費用対効果」などと考え出すと恐ろしいことになりそうです。しかし晴れた日にバイクで走る気持ち良さは何にも代えがたい…日本海側バイク乗り共通の悩みかもしれません。

秋田市の貝の沢温泉、通算4度目の訪問。

春「露天風呂でも寒くないし…」→温泉

夏「汗かいたし…」→温泉

秋「いい季節だし…」→温泉

冬「寒いし…」→温泉

移動手段は変われど、目的地はいつも温泉です。

貝の沢温泉のステキなお風呂に入ってモッタリ(マッタリの進化形)した後、旬の山菜を求めて秋田市河辺の直売所「やまぶき」を訪ねました。「トレタテ!」の取材でもたびたびお世話になっております。

季節によって様々な山菜が入っている「やまぶき」の名物ラーメンです。この日は「アイコ」がたっぷりでした。シャキシャキの食感がいい感じです。醤油スープに入っている細かく刻まれた昆布もこれまた絶妙。優しい味でした。

家に帰って、アイコのおひたしとササダケの味噌汁を作りました。料理が苦手でも簡単に美味しく調理できる山菜って素晴らしい。あぁ、お酒が進んでしまう。

2018/05/14

仙台といえば牛タンですが… | 新岡 智昭

先月28日と29日、宮城県川崎町の「エコキャンプみちのく」で開催された「アラバキロックフェス」に参戦してきました。今週は、前回お伝えできなかった話(正確に言えば書くのを忘れていただけですが…)をしようと思います。

ロックフェスの1番の魅力は言うまでもなく「ロックを楽しむこと」ですが、会場のあちこちに並ぶ屋台、いわゆる「フェス飯」も欠かせない魅力の1つです。宮城県のフェスということもあって、牛タンの串焼きをはじめ、牛タンカレー、牛タンの唐揚げなどなど…色んなレパートリーの牛タンを堪能することができました。体重は2日間で1500グラム増えました。

「アラバキロックフェス」の翌日。前日まで立ちっぱなし&飛んだり跳ねたりしていたので体力的にはかなり疲れていましたが、せっかく宮城まで来たので、仙台市内をぶらぶら散歩することにしました。ゴールデンウィークの前半真っ只中、仙台駅前の商店街は人でごった返していました。

フェス会場でさんざん牛タンを食べまくった僕ですが、向かったのはまたしても牛タン屋さんです。「何でそこまで…」と思われるかもしれませんが、そこまでして食べたい牛タンがあったのです。それが…

「牛タンしゃぶしゃぶ」です。数カ月前、とあるテレビの特集を観てその存在を知ったのですが…何とも贅沢な一品です。ほんのりカツオが香るダシに薄切りの牛タンをほんの数秒…思い出しても顔がほころぶくらい美味しかったです。また食べたくなる味です。

無事に秋田へ戻り、とりあえず温泉。

体は疲れましたが、心は最高に元気です。

2018/05/07

アラバキ初参戦! | 新岡 智昭

「世間はGWですが…」という表現をたまに耳にします。本人が意識しているか否かは別として、言葉の裏に「オレは働いているけどね!」という響きを感じるのは僕だけでしょうか。それはさておき僕は先月28日から4連休をいただき、宮城県に行ってきました。

(※ドライブレコーダーで撮影)

家を出たのは夜明け前の午前3時。ゴールデンウィーク初日でしたが、時間が時間だけに高速道路はガラガラでした。秋田市からおよそ300キロ。向かったのは…。

宮城県の南西部・川崎町で開催された「ARABAKI ROCK FEST.18」いわゆる「アラバキ」です。布袋寅泰さんやエレファントカシマシ、サンボマスター、THE BACK HORN、MAN WITH A MISSIONなどのビッグネームをはじめ、100組以上のアーティストが出演する野外ロックフェスです。毎年何かしらのフェスに参戦している僕ですが、アラバキは初めてでした。

開門直後に撮った写真ですが、ものすごい人の数です。このゲートをくぐって7つあるステージにそれぞれ分かれていきます。今回は2日間とも天気に恵まれ、過去最多となる5万5000人を動員したそうです。

さてさて、午前3時に出発してでも見たかったのは、インディーズ時代から応援している3人組バンド「BRADIO(ブラディオ)」のステージです。メジャーデビューしたのは去年。楽曲はテレビ朝日「ソノサキ」の番組や、埼玉西武ライオンズ・外崎選手の応援歌にも使われています。まだ知らないという方、ぜひ一度聴いてみてください。

ところでフェスに行くことを「参戦」と言いますが、いったい何と戦っているんでしょうか?「暑さ」かもしれません、「混雑」かもしれません。それらに打ち勝てば、あとはひたすら楽しい空間です。ノーミュージックノーライフ。

2018/05/01

三種町の隠れた(?)名物 | 新岡 智昭

先日、三種町の「森岳温泉ホテル」に行ってきました。(ホテル、とは言っても僕は日帰り入浴を選びましたが…。)森岳温泉が生まれたのは今からおよそ66年前。石油を採掘していたところ、田んぼから突然、温泉が湧き出したそうです。その時、現場にいた作業員としては「温泉が出たぞ!」という喜びなのか、はたまた「石油ではないのか~」という落胆なのか、その心中はお察ししかねますが、とにかくしょっぱい温泉です。海水を煮詰めた時にできるニガリにも似た味です。大浴場の壁にはヒノキが使われていて、とても癒されました。

そして帰り際「道の駅ことおか」へ。

行者ニンニクやアザミ、カタクリ…。近所のスーパーではなかなかお目にかかれない山菜がたくさん売られていました。お値打ちの野菜が買えるのも道の駅の魅力ですが、こういった自然の恵みに出会えるのも魅力ですよね。せっかくなので山菜をどっさり買い込んで天ぷらでも作ろうかなーと思ったのですが、売り場を歩いていたら圧倒的に気になるものを発見。

それがこちらの「ことおか餃子」です。皮にはあきたこまちの米粉、タネは鹿児島県産の黒豚入り…聞いただけでワクワクしてきませんか?ちなみにお笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明さんも某テレビ局のロケで道の駅ことおかを訪れた際、このギョーザを食べて「おいしい」と言っていたそうです。

家に帰り、さっそく焼きギョーザを作ってみました。ギョーザといえば醤油とお酢とラー油をつけて食べるのが定番ですが、「ことおか餃子」のタネは三種町産のそら豆から作った豆板醤で味付けされています。なのでそのまま食べてもおいしい!もちろんビールとの相性はバッチリです。僕が飲んでいるのは「第三のビール」ですが。

2018/04/24

葉桜も花見のにぎわい | 新岡 智昭

22日(日)に、にかほ市金浦の勢至公園に行ってきました。7日から22日までが「観桜会」の期間、つまり最終日でした。ところで「観桜会」という言葉は秋田に来てからよく耳にするような気がしますが、これは東北もしくは秋田ならではの言葉づかいなのでしょうか?

勢至公園は「秋田県で1番早くお花見ができる場所」として有名で、およそ1000本の桜があるそうですが、ソメイヨシノは早くも散り始めていました。実は前日21日には、千秋公園で満開のソメイヨシノを見たのですが、さすがは南北に広い秋田県。地域によって開花の状況はずいぶん違うんですね。

見頃は過ぎましたが、イイ雰囲気でした。

さて、お花見の後は近くの温泉へ。

「お湯は最高」

お湯「は」というのがちょっと気になります。

訪れたのは、「福寿草の里 金浦温泉 学校の栖(すみか)」というユニークな名前の温泉です。もともとは「大竹小学校」があった場所でした。1908年にこの場所に校舎が完成し、1980年に閉校したそうです。そして学校の跡地に温泉が作られた…という歴史があります。

大広間の入口にはこんな遊び心も。学校で使われていたものなのでしょうか?

お湯は硫黄温泉とラジウム温泉の2種類。硫黄温泉はかなり強い硫黄の匂いがしましたが、日焼けした肌に良いお湯だそうです。お花見でちょっと黒くなった僕にはピッタリの温泉でした。(ちなみに、お湯「は」最高と看板に書いていましたが、それ以外も素敵だったと思います)

TOPへ戻る

error: Content is protected !!