あいたいAAB

新岡 智昭

好きな旅で学んだこと

「DO WHAT YOU LOVE」

夏休みに訪れた米国・ロサンゼルスの市中で目にした看板の文言が妙に心に残っている。

私は一人旅が大好きだ。目的は非日常を味わうため(空港の入国審査ではこんな言い方はしないが……)。格安のドミトリーに泊まり、行き先は当日に決める。観光客の近寄らない店にも進んで入る。不便なことや怖い思いをすることも多いが、その分凝り固まった心がほぐれていくようで気持ちが良い。

それを「自分探し」と揶揄する人がいる。だが、旅をするだけで変われるほど人間は簡単ではない。そうは言いながら、どこかで旅に答えを求めている。今の生き方で良いのだろうか、未来の自分はどうあるべきか。

最終日、同室のイタリア人が勧めてくれたサンタモニカのビーチに行ってみた。静かに夕日を眺める男女、絶景には目もくれず泳ぐ青年、ギターを弾きながら歌う老人。私の矮小な憂いとは関係なく、それぞれ生きている。底抜けに楽しそうな顔を見ていたら、あれこれ考えるのが馬鹿らしくなった。

「好きなことをやりなさい」。多様性を受け入れる国の広告とひんやりとした潮風が、そっと教えてくれた気がした。

(朝日新聞秋田版 2018年10月10日掲載)

TOPへ戻る

error: Content is protected !!