社長ブログ

2018/06/13

映画「共犯者たち」を観た | 桜井 元

 韓国で26万人が観たというドキュメンタリー映画「共犯者たち」の上映会とシンポジウムがある、と新聞社の後輩から連絡をもらって、10日に立教大学へ出かけた。

 監督の崔承浩(チェ・スンホ)さんは、韓国のラジオ・テレビ兼営局「文化放送」(MBC)の調査報道番組のプロデューサーだったが、李明博政権が筆頭株主の公益財団「放送文化振興会」(MBC株式の70%保有)の理事長に大統領の側近を送り込むなど、露骨な政治介入の結果、社員のストライキを指導したとして2012年に解雇された。

 同年7月からネットでニュースを出し始めた崔さんらのグループが、翌年、非営利メディア「ニュース打破」を設立。会員35,000人の会費で運営される。この取材活動から生み出された2作目の映画が「共犯者たち」だ。

 李明博政権はまず、検察、国税庁なども動員して、公共放送「韓国放送公社」(KBS)の社長を交代させた。続いて、株式会社ながら準公営放送とされるMBCにも圧力をかけ、両社は政治権力におもねって高視聴率のニュース解説・情報番組の放送を打ち切り、「大統領からこんにちは」といった政府広報番組をつくり、抵抗するアナウンサー、ディレクター、記者らを次々に解雇したり、関連会社が経営するスケート場の管理事務所に配置転換したり――そんな放送局の経営者こそ権力の「共犯者」ではないか、と厳しく問うている。

 両社は、朴槿惠政権下の2014年、高校生ら約300人が死亡したセウォル号沈没事故の際、政府の情報を鵜呑みにして「全員救助」と誤報。朴大統領を退陣に追い込んだ市民運動もまともに報道せず、視聴者に見放された。

 朴政権が倒れ、昨年5月に文在寅政権が誕生。8月の映画公開後も、両社では労組のストが続き、ついに両社の経営陣が相次いで辞任、何と崔監督自身が12月、MBCに復職、新社長に選ばれるという「大逆転劇」があった。

 シンポジウムの冒頭、挨拶に立った崔さんは「市民とメディアの連帯が何より必要だ」と強調。「文大統領からは、まだ一度も(注文の)電話がかかってこない」と笑わせた。

2018/05/28

チームと暴力団の違い | 桜井 元

 30年以上前、福岡県警を担当する社会部記者として、暴力団抗争を取材した。70件の発砲があり、巻き添えの市民を含め9人が死亡。当時の「ニュースステーション」でも特集した事件だった。

 県警キャップの先輩に代わって、九州朝日放送(KBC)の朝のラジオ番組に出て、電話で司会者とやりとりしたところ、すぐに捜査幹部から呼び出され「詳しすぎたな。あんたの警護までできないよ。二度と実名を出して解説したり、記事を書いたりしないように」と警告された。

 その当時の話だが――

 組長ら幹部は、「アイツのタマとってこい」と短銃を渡した。殺傷につながっても、外から事務所を撃つだけで終わっても、「自分の判断で撃ったと言え」「オレの指示があったとは、口が裂けても言うな」「しゃべったら、今度はオマエのタマとりにいくぞ」と念を押して、その短銃と着替えを紙袋に入れて、出頭させた。家族持ちの中堅組員が撃った場合、独身の下っ端組員を身代わりに出頭させることもあった。

 「アイツのタマとってこい」と「アイツをつぶしてこい」の違いは何か。「殺してこい」と「ケガさせろ」という程度の差しかない。

 アマチュアスポーツのチームは、フェアプレーが命だ。監督やコーチが暴行・傷害を指示したのなら、暴力団との違いがなくなる。

 もし、「組長」と似た発想の人間を常務理事として重用しているなら、その学校法人とは、何を教育しているのか。学生は、講義やスポーツを通じて、何を学んでいるのだろうか。

 個人的には、採用試験を前に考え込んでしまう。

2018/05/14

「もぐたろう」お礼旅は秋田から | 桜井 元

 出張がはさまって、江口ともみさん、つまみ枝豆さんご夫妻のブログ(https://ameblo.jp/momirobi/entry-12374819426.html)(https://ameblo.jp/tsumami-edamame/entry-12374668365.html)から大きく遅れたが、ご夫妻と「もぐたろう」の泊りがけの「お礼旅」が9日の秋田からスタートした。

 捜索への協力の申し出が一番早かったお店「希」には、やはりチラシ配布に協力した里奈さんが、同じ「リナちゃん」と名付けたぬいぐるみとご主人と一緒に参加。「希」オーナーの畠山亜希子さんの心遣いで、男鹿沖でとれたタイがお祝いとして用意してあった。

 もぐたろう以外のぬいぐるみたちも参加。名前は覚えられなかったが、つまみ枝豆さんは「40体を超える家族全員に名前がついていて、間違えると怒られますよ」。もぐたろうは、14日昼の日テレの番組にも登場したし、ネットで高く取り引きされようとしていたので、メーカーは急きょ復活を決めた。いま日本で一番有名なぬいぐるみかも知れない。

 「希」はいつものように若者でにぎわって、畠山さんも大忙しだったので、捜索チラシ掲示でもご協力くださった「ポンレヴェック」で2次会。ご近所ということもあり、少々飲み過ぎた。お礼旅は翌日、仙台へ。

 江口さんお手製の「もぐたろうクッキー」をお土産にいただいた。「有吉反省会」で有吉弘行さんが、いきなり頭からかぶりついたクッキーだ。きのう(13日)、B1昇格を決めた秋田ノーザンハピネッツの試合をテレビで観ながら、コーヒーを淹れて、足の方からゆっくりいただいた。二重の「お祝い」の味となった。

2018/04/16

「ブッダ」の声を聴こう | 桜井 元

 「わらび座」のミュージカル「ブッダ」(原作・手塚治虫)の初日を観ようと14日、田沢湖のわらび劇場へ出かけた。2013年に初演され、すでに約20万人が鑑賞しているという。

 舞台は異国にして、仏教誕生の地・インド――ただ、手塚さんの「宗教観」「階級社会観」は、栗山民也さんの演出やシンプルな舞台装置によって、そして何より劇中の力強い合唱とテンポのよい熱演によって、時空を超え、現代の「格差社会」「分断」を考えさせる普遍的な価値を吹き込まれた。

 約2時間のステージを終え、「ブッダ」役の戎本みろさんは「遠い国のこと、遠い昔のことではない」「ブッダの声を7月(26日の最終日)まで届けていきたい」と挨拶した。

 開演前のトークショーに立ったのは三種町の松庵寺副住職で、レゲエバンド「英心&The Meditationalies」を率いる(ヴォーカル&打楽器の)渡邊英心さん。この日は音楽抜きで講話だけだったが、岡倉天心(覚三)の『茶の本』にも触れながら、「一杯の茶は、主人が立てて終わるのではなく、客人が味わうことで終わる。芸術も演じる者の思いに、鑑賞する側の思いが重なり、自他一体となって完成する」と語った。

 英心さんが「買えばご利益がある」というので、劇場ロビーでファーストアルバムを手に取った。タイトルは「からっぽ」。十数年前、京都の東福寺で座禅を組んだあと、故・福島慶道さんに「無と空はどう違うか」と質問、導師が英語を交えながら熱い語り口で答えてくれたことを思い出し、何かがつながったように感じた。

 ブッダの“声を聴く”ために、そしてわらび座の“舞台芸術を完成させる”ために、田沢湖へ足を運びましょう。

2018/04/13

うどんは讃岐か稲庭か | 桜井 元

 瀬戸内海放送(KSB)や加藤汽船などの社長、会長をつとめられた加藤芳宏さんの「お別れの会」が12日に高松市であり、羽田乗り継ぎで向かった。

 高松を訪ねたのは3回目。栗林公園に行ったことがなかったので、お別れ会のあと、高松駅前からタクシーに乗った。運転手さんに「お勧めのうどん屋は」と尋ねると、「栗林公園のそばに、美味しい店がある。毎日でも行きたいが、いつも駐車場が満杯で、車を停められない。午後3時ごろまで開いているから、ぜひ公園のあとに」という。

 栗林公園の入園料は410円。松や杉は低めで、枝ぶりに広がりがあり、秋田の木々とは姿が違う。多くの職人が手入れしていることが分かる。1時間かかる周遊コースを途中で切り上げて、うどん屋に向かった。

 「上原屋本店」はいわゆる「セルフ」の店。のれんをくぐると、スーツ姿の男性2人が手招きしている。お別れ会で会った東京の広告会社幹部だった。高松支社で聞いてきたという。冷たい「ぶっかけ・大」にレンコン天、のりちくわ天をつけて550円。稲庭の「のどごし」も好きだが、讃岐の麺の「コシ」と「つや」、それに低価格は魅力だ。だしに天かすを浮かべて、完食した。

 高松駅に戻って、空港バスを待つ間、タクシーのレシートを見た。個人の「源平タクシー」で携帯電話の番号が載っているのに気づき、お礼の電話をした。「また秋田から来たら、あの店へ行きます」「その時はまた乗ってください」

 高松駅から栗林公園まで、タクシーで1350円。帰りは「レインボー循環バス」に乗ったら、150円だったけど……。

 

TOPへ戻る

error: Content is protected !!