社長ブログ

2018/09/14

もし、教員になっていれば…… | 桜井 元

 40年近くも前のことだし、手前味噌になってしまうが、新聞社から内定をもらう前、大阪府の英語の高校教員に合格していた。「人を育てる仕事は大事だ」と考えていた。

 新聞社の内定をもらって、まず、民放の部長をしていた高校の先輩に電話した。その助言にしたがって、役員面接を終えたばかりの民放2社を辞退。「新聞記者か教員か」と迷いながら、高校のクラブの顧問の先生に電話で相談した。

 「人を育てるのは大事と言っても、現実には高校の場合、3年周期で同じようなことを教える。その繰り返しだと思うこともある。新聞記者の方が、変化があって面白いんじゃないか。もし、記者に向かないと思ったら、30歳までなら、教員になれるよう助けてやる」

 先生の言葉で、進路は決まった。

 そんな昔の経緯を思い出したのは、8月11日に70歳で亡くなった外山純さんの「お別れの会」に出席した9日のこと。外山さんは、秋田商業高校サッカー部の監督、同校長、秋田県サッカー協会の副会長を歴任。校長を退任後、秋田フットボールクラブ㈱(現・㈱ブラウブリッツ秋田)の初代社長に就任された。

 田嶋幸三・日本サッカー協会会長の涙に始まり、「お別れのことば」に立ったのは7人。最後は、いま秋田商サッカー部監督をつとめる小林克さん。原稿をほとんど見ないで、外山さんの遺影に語りかけた。「サッカーだけを教えようとするな。一人前の社会人に育ててくれ。先生から厳しく指導されました」

 教育者らしい言葉に触れた。「外山さんが生前、7人を指名したのかも知れない」と、その人柄や影響力を思った。

 時々「もし、教員になっていたら」と想像する。吹奏楽の顧問は、ちょっとやってみたかった。大阪府の高校教員だったら、間違いなく、秋田に住むことはなかっただろう。

2018/09/14

フィジーからブラジルへ? | 桜井 元

 原稿を書こうと思って、資料も持っていたのに、2週間も経ってしまった。「旧聞記者」もけっこう忙しいのです。単なる言い訳(開き直り?)ですが……。

 今月1日、秋田商工会議所の三浦廣巳会頭が、フィジー共和国の名誉領事に就任し、同国大使館主催の就任式が秋田拠点センター・アルヴェであった。フィジーと秋田はラグビーを通した交流があり、2020年東京五輪でも、フィジーの7人制選手らの事前合宿の誘致に向けて力を入れている。

 そこまでは報道でご存じだろうが、式典のあと「ラムナイト」としてフィジー特産のラム酒やビールが振る舞われた。来日していたナシヌ高校U15ラグビーチームの男子生徒たちが、歌と踊りで「メケ」を披露。戦いに向かう闘争心を鼓舞する歌と踊りで、伝統的に祝いの席で村の首長に捧げられてきたという。さすがラグビー選手だけあって、踊りの切れ、スピードは満点だった。

 「ラムナイト」を中座して、川反へ。「第6回川反サンバカーニバル」が始まっていた。確か3年前までは補助金があって、「浅草サンバカーニバル」(今夏で37回目、観客は約50万人)で上位の学生チームが仲小路から川反通りを練り歩いたこともあった。資金難から学生たちを呼べず、サンバ隊も小規模になったようだ。

 東京から帰ってきたご夫婦に話しかけられた。「初めて見ましたが、サンバ隊が少なくて、びっくり。後ろをついて歩くお客さんも含めて、パレードなんですね」。でも、笑顔だったので、ひと安心。それなりに楽しんでいただけたようだ。

 フィナーレに先立って、3本の竿燈が挙げられた。ビールを手に竿燈を眺めながら、夏の名残を味わう。秋田の晴れた夜空には、やはり竿燈が似合う。

2018/08/24

甲子園にかかった虹 | 桜井 元


 金足農の選手たちに準優勝のメダルがかけられていた時、アルプススタンドからふと見上げると、甲子園の上空に虹がかかっていた。
 同じころ、学校のある秋田市追分の上空にも、虹がかかった、と聞いた。
 スポーツライターの青島健太さんは、「ワイド!スクランブル」の中で、「虹の一番外側は赤で大阪桐蔭、一番内側は紫で金足農。まさに両校を祝福しているようだ」と語った。

 アルプススタンドから応援したのは、10年ぶり。秋田朝日放送の社名の入った「竿燈まつり」の半纏を着て、汗びっしょりになったが、大阪の朝日放送テレビ(ABCテレビ)が2回もこの半纏を撮ってくれた、というので、少しは宣伝になったかも知れない。
 アナログの宣伝を驚異的な勢いで飛び越えていったのは、若手社員の「SNSの力」だった。高校野球のツイッターを担当した物静かな女性が、逆転劇に心を揺さぶられながら素直に叫んだ「アアアアア…」「あああああ…」や「むねつらい」「ふぁ」「ヒィヒィ…ツ」などのつぶやきについては、「AAB壊れた」「大丈夫?」とご心配もかけたが、おおむね好意的に受けとめていただいた。
 「おたくのツイッターがネットの世界で大変なことになっている」。速報してくれたのは、九州の系列2局の先輩たちだった。

 朝日新聞の林敦彦・秋田総局長が指摘するように、金足農の初戦直前に「南九州勢には分が悪い」と小欄に書いた。そんな杞憂をあっけなく吹き飛ばした高校生たちの大活躍。そして、ちょっと年長だが、社内の若手の想像を絶する発信力――。
 反省をこめつつ、若い力に感謝したい。

 第100回記念大会を飾ってくれてありがとう。
 103年ぶりに大きな夢を見せてくれてありがとう。
 若々しいエネルギーを、多くの人に注入してくれてありがとう。
 そして、甲子園に連れてってくれて、ありがとう。

2018/08/07

甲子園――36年前の夏 | 桜井 元

 高校野球の「100回大会」で8日、秋田代表の金足農が登場する。相手は鹿児島実。この組み合わせで、1982年夏(第64回大会)を思い出した。

 新聞社の鹿児島支局で2年目を迎えていた私は、鹿児島商工(現・樟南)に同行して、春夏続いて甲子園へ向かった。

 初戦(2回戦)の相手は、秋田経大付(現・明桜)。確か6日目あたりの第4試合だった。鹿児島も秋田も、ほかの県に比べて原稿の締め切りが少し早いので、早めに書き始めなくてはならない、と思っていた。

 試合は秋田経大付が3回裏に2点を先制。4回表に鹿児島商工が1点を返したものの、5回、6回とスコアは動かず、1点リードされたまま7回を迎えた。そろそろ「負けの予定稿」を書くか、と思ってペンを走らせ始めた時、ベテランのスポーツ記者から声がかかった。「桜井君、原稿を書いている場合じゃないぞ。この回に、逆転するぞ」

 上位打順に回るイニングだった。塁上に走者をためて宮崎県の漁港出身のやんちゃ坊主、4番のH君が打席へ。遠目にも髪の毛が逆立っているように見えた。「こいつは打つな」

 その回に2点とって逆転。次の8回にも2点を加え、継投で秋田の打線をおさえて5対2で鹿児島商工が勝った。

 スポーツ記者は諭すように言った。「事件もスポーツも同じ。現場から目を離しちゃいかん。秋田の投手は明らかに球威が落ちていた」

 秋田経大付はその後も、1990年春のセンバツでは鹿児島実に5対4で逆転負け、2002年の春も延岡工(宮崎)にやはり5対4で逆転負けを喫した。秋田代表全チームのデータを点検したわけではないが、印象として南九州には分が悪いように思う。

 そんな話もして、金足農を激励しなきゃと思っていたが、猛暑対策を重視されたようで大急ぎの関西入り。さて、南国の球児に「勝ち切る」準備は整っただろうか。

2018/06/27

夢みる力が「気」をつくる | 桜井 元

 高校の同窓会総会で、3年先輩の九州旅客鉄道(JR九州)会長・唐池恒二さんが講演するというので、週末、秋田から大阪へ飛んだ。

 唐池さんと初めて会ったのは、2007年10月から九州朝日放送(KBC)に出向していた時だ。当時、唐池さんは常務から専務取締役に昇任するころ。釜山-博多の高速船就航や、JR九州フードサービス社長として「赤坂うまや」など高級感ある居酒屋の東京進出を陣頭指揮したことで知られていた。大分朝日放送(OAB)から誘われて出かけた大分市都町の店で、話しているうちに、「唐池さん、南大阪の言葉ですよね」と問いかけると、「なんで分かるの?」「高校が堺でしたから」「何色?」「黄色」――学年カラーが赤・青・黄の3色の順に回るので、「オレの3年下だな」と言われ、二度と「さん」付けされることはなかった。でも、公私ともに大変お世話になった。

 今回の講演のタイトルは、「夢みる力が『気』をつくる」。社長として登壇した2012年の全日本広告連盟福岡大会の講演から、クルーズトレイン「ななつ星」の映像を使ったり、「明治維新150年」の位置づけを盛り込んだりして、大幅に進化していた。そもそも福岡講演では、「広報に口止めされている」と言いつつ、最後に「ななつ星」と列車名を口にして、翌朝の西日本新聞の1面を飾るという「仕掛け」もあった。

 唐池さんのいう「気を高める5つの法則」とは、①夢みる力②スピードのあるきびきびした動き③明るく元気な声④すきを見せない緊張感⑤よくなろう・よくしようという貪欲さ――「ななつ星」にこめられた「世界一の列車を夢見る力」は、「気のエネルギー」から「感動のエネルギー」へ変容し、乗客だけでなく、見送る人たちも涙させる、という。

 東北の観光を考える時、また秋田の番組をつくる時、「夢みる力」を注入できているだろうか。先輩の言葉を聞きながら、自問した。

TOPへ戻る

error: Content is protected !!