社長ブログ

2017/10/13

反田さんのピアノ | 桜井 元

 

 反田恭平さんの最新のCD「月の光-リサイタルピース」(日本コロムビア)を先日の連休にゆっくり聴いた。8月31日、秋田市のアトリオン音楽ホールであったリサイタルで喝采を浴びたドビュッシーの「月の光」、ショパン「別れの曲」、アンコールにこたえたシューベルト「即興曲」とシューマン「献呈」の4曲がこのアルバムに収められている。

 中学生の時、「即興曲」を弾いたことがあるが、反田さんの演奏は、軽やかな疾走感に満ちて、全く別の曲に聴こえた。逆に、「月の光」は、非常にゆったりとしたテンポで始まり、心地よい緊張と癒しを最後まで感じさせてくれた。
 反田さんと演奏会の前と後、握手を2回して、フワッと柔らかく、小さ目の手のどこにパワーが潜んでいるんだろうと感じたが、練習量がすごいということを後で知った。リハーサルだけでなく、公演後も、ホールの規則で許される限り、控室のピアノを弾き続けたのだと言う。スタッフの皆さんも空腹を我慢して、反田さんが納得のいくまで、練習終了を待ち続けた。
 スタッフの中には、アトリオンホール満席の聴衆が静かすぎると感じた人もいた。が、反田さん自身は「みんな集中して聴いてくれている」と分かっていたそうだ。秋田の音楽ファンは、本物を聴き分ける耳を持っている。

 「来年もぜひ秋田へ」と反田さんにお願いした。響きのよいアトリオンで、またあの感動に震えることができる――。そんな思いで、再演を心待ちにしている。

2017/10/03

これも「美」?! | 桜井 元

 県立体育館を中心に25周年の感謝を込めて開いた「AAB秋フェスタ」で、一番多くの笑いをとったのは、アキラ100%さんの「絶対に失敗しない」お盆芸だった。100円ショップで買ったお盆を軽やかに操りながら、妙技を披露していただいた。近所のクリーニング店では、「お客さんのお子さんがすごく喜んだそうですよ」と声をかけられた。

 実は先日、番組審議会の委員の方から「アキラ100%のどこが『美』なんですか?」と突っ込まれたことがあった。その時は、答えに窮して笑ってごまかしたが、「見たくないもの、『醜』を完全に隠すというのも『美』の延長線といえるかな」と考えていた。アキラさんは、あっさり「美尻、美肌と言われます」。ムダ毛もきれいに処理しているそうだ。

 手首のスナップを利かせて軽いお盆を高速回転させる芸は、事前に奥さんの厳しいチェックを受けているという。何事も練習。観客を不快にさせないよう鍛錬しているのだなぁと感心した。

 秋田のステージに立つのは初めて。「花火鑑賞士」の資格を持つ元祖爆笑王さんのアドバイスがあったのか、大曲の花火をイメージしたお盆を特別に用意してくれた。客席の反応が上々だったので、楽屋ではホッとした笑顔を浮かべ「また秋田に呼んでください」。

 

 

 芸人の世界は、浮き沈みが激しい。「一発屋」で消えていくタレントさんも少なくない。アキラ100%さんには、次に秋田へお招きする時には「過去の人」と言われないよう、ご健闘を祈りたい。

2017/10/02

開局25周年 | 桜井 元

 秋田朝日放送(AAB)は10月1日、開局25周年を迎えました。30日、1日の両日、県立体育館を中心に記念の「秋フェスタ」を開催したところ、約33,500人の皆さんにご来場いただきました。ありがとうございました。

 この節目に、小さなコラムをスタートします。私だけが書くのではなく、AABで働いたり、番組に出演してくださったり、という方々にも筆者になってもらえる自由な小窓にしたいと思います。アナウンサー諸君は「日記」を発信できるからいいなぁ、とうらやましい気持ちもありました。

 実は、テレビ朝日系列にすごい「お手本」があります。熊本朝日放送(KAB)の2代前の社長・門垣逸夫さんが書き続けたブログです。2005年から10年近く、肩書は社長、会長、相談役、特別顧問と変わり、タイトルも「ちょっとひとこと」から「たわごと」「ボケごと」「うわごと」「コケごと」と変転しましたが、500回で終止符を打つまで、ほぼ週に1回、発信し続けました。

 30年前、私は福岡県警担当の記者、門垣さんは西部本社の社会部デスクでした。人事の希望を書くカードに、①学芸部(音楽担当)②外報部(欧州取材)③東京社会部(事件取材)と3つ書いて提出したところ、しばらくして門垣さんが近づいてきて「ここに1行分空いているから、『④政治部』と書いてくれよ」。次の人事で、政治部へ移りました。そんな縁もあったので、ブログにも注目してきましたが……。

 とても真似できないので、みんなを執筆陣に巻き込もうという作戦――さて、うまくいくでしょうか。

TOPへ戻る

error: Content is protected !!