社長ブログ

2019/04/15

札幌で「秋田」が売れた | 桜井 元

 札幌市の中心街に移ってきて、半年たった北海道テレビ放送(HTB)。そのロビーを使わせていただき、12日(金)から14日(日)まで、ノリット・ジャポン㈱の菅原久典代表取締役、伊藤俊樹専務らが強力な「売り子」を引き受けてくださって、秋田の食材を売ってきた。

 初日は、夕方の情報番組「イチオシ!」で、秋田市出身のHTBアナウンサー・高橋春花さんが中心となって、熱々の「きりたんぽ鍋」「横手やきそば」を味わい、いぶりがっこ、もろこしなどの魅力を伝えてくださった。HTBキャラクターの「onちゃん」もなまはげのお面を頭につけて大活躍。金足農の第100回大会準優勝を報じた朝日新聞の特別版も「onちゃん」が配ってくれた。支店が近くにある秋田銀行の皆さんにも顔を出していただき、初めての金曜イベントということもあって、HTB社員の皆さんが次々に買い求めてくださった。

 テレビの効果は大きく、翌日も朝から人波が絶えなかった。「横手出身なので」「親戚が秋田で、いつも送ってもらうから」と秋田にゆかりのあるお客さんも多かった。日本ハムの吉田輝星選手のキーホルダーをリュックにぶら下げたご夫婦にもお買い上げいただいた。夕方までに「1本もの」のいぶりがっこ、きりたんぽ、横手やきそばと次々に売り切れ、「売り子」のみなさんが頭を下げる場面が増えた。

 日曜の午後3時に閉店したが、用意した品物をほぼ売りつくした。東京での「物産展」でも、経験したことのない売れ行きだったという。

 13日の「サタナビっ!」では、朝日放送(ABC)のクイズ番組「アタック25」で高橋さんと組んで優勝したこともあるAABの藤盛由果アナウンサーが、連休にお勧めの「北海道旅」を特集。高橋さんとも久々の再会を果たした。

 そして、15日から、HTB開局50周年記念ドラマ「チャンネルはそのまま!」を秋田で放送する。テレビ局の裏側を描いたコミックスをもとにしたドラマだ。さあ、今度は我々が秋田で「北海道」を売る番。「チャンネルはそのまま!」をぜひご覧ください。

TOPへ戻る

error: Content is protected !!