社長ブログ

2017/10/13

反田さんのピアノ | 桜井 元

 

 反田恭平さんの最新のCD「月の光-リサイタルピース」(日本コロムビア)を先日の連休にゆっくり聴いた。8月31日、秋田市のアトリオン音楽ホールであったリサイタルで喝采を浴びたドビュッシーの「月の光」、ショパン「別れの曲」、アンコールにこたえたシューベルト「即興曲」とシューマン「献呈」の4曲がこのアルバムに収められている。

 中学生の時、「即興曲」を弾いたことがあるが、反田さんの演奏は、軽やかな疾走感に満ちて、全く別の曲に聴こえた。逆に、「月の光」は、非常にゆったりとしたテンポで始まり、心地よい緊張と癒しを最後まで感じさせてくれた。
 反田さんと演奏会の前と後、握手を2回して、フワッと柔らかく、小さ目の手のどこにパワーが潜んでいるんだろうと感じたが、練習量がすごいということを後で知った。リハーサルだけでなく、公演後も、ホールの規則で許される限り、控室のピアノを弾き続けたのだと言う。スタッフの皆さんも空腹を我慢して、反田さんが納得のいくまで、練習終了を待ち続けた。
 スタッフの中には、アトリオンホール満席の聴衆が静かすぎると感じた人もいた。が、反田さん自身は「みんな集中して聴いてくれている」と分かっていたそうだ。秋田の音楽ファンは、本物を聴き分ける耳を持っている。

 「来年もぜひ秋田へ」と反田さんにお願いした。響きのよいアトリオンで、またあの感動に震えることができる――。そんな思いで、再演を心待ちにしている。

TOPへ戻る

error: Content is protected !!